イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年5月12日 (日)
時間
14:00~15:30
(開場13:30~)
料金
1,500円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2019年5月12日 (日)

刊行記念

絵本『ミツ』刊行記念 中野真典×小野明トークイベント

画家・絵本作家である中野真典が愛猫ミツとの別れを通し、「死別」という永遠のテーマを、独自の視点で深く掘り下げて描いたスケールの大きな新刊絵本『ミツ』。

その『ミツ』の刊行を記念して、著者・中野真典と、この絵本の装幀を担当した小野明(羽島一希)が、新作絵本『ミツ』について語ります。
絵本業界において常に注目を集める中野真典と小野明。ふたりだけのトークイベントは、都内では初の貴重な機会です。
さまざまな角度から飛び出すトークで、何が語られるかは、当日のお楽しみ。
ぜひ、お聴き逃しのないように!

なお、絵本をお買い上げいただいた方には、トークイベント終了後、中野真典がサイン致します。

4/24(水)~5/17(金)(最終日のみ15:00終了)まで原画展も開催中です。
こちらもぜひご覧下さい。

プロフィール

中野真典

中野真典

なかの・まさのり

画家・絵本作家。1975年兵庫県生まれ。

大阪芸術大学在学中、映画を観たり、学童保育で子どもと遊んで過ごす。その後保育士として勤めた後、本格的に作家活動に入る。

絵本に『おもいで』(文・内田麟太郎) 『りんごちゃん』『おはなしトンネル』『もういいかい』『かかしのしきしゃ』『ほのちゃん』、自主レーべル『旅芸人の記録』、高山なおみとの共作『どもるどだっく』『たべたあい』など。

小野明

小野明

おの・あきら

編集者・装幀家。1954年東京生まれ。

500冊以上の絵本・児童書づくりに参加。土井章史氏と「あとさき塾」を共同主宰。講座やワークショップ、コンペの審査員なども行う。

編著に『絵本の冒険』、『100人が感動した100冊の絵本』『絵本の作家たちⅠ・Ⅱ』など。五味太郎氏との共著に『絵本をよんでみる』『絵本をよみつづけてみる』、柴田こずえ氏との共著に『絵本作家になるには』がある。

書籍情報

『ミツ』
中野真典
佼成出版
1,800円+税

『ミツ』
中野真典
佼成出版
1,800円+税

春の嵐の中、作者自身の腕の中で逝ったミツ。猫としてのからだは喪った。それはこの世に生を受けた以上、どうしようもない。けれど、ほら、地面を見ればたくさんの花や虫の中に、空を見れば雲のはざまに、ミツがいつだって笑ってる。ぼくも笑う――。

巻末に、高山なおみさんが聞き手となって執筆した「中野真典とミツとの出会いから別れ」についての口述記録を収録。

ブックデザインは羽島一希さんが担当されています。