イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年4月24日 (水)
時間
19:00~20:30
開場18:30~
料金
1,500円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2019年4月24日 (水)

刊行記念

叢書「MÜRREN BOOKS」創刊記念 いま、本を作り続けること 『spectator』青野利光×『murren』若菜晃子トークイベント

2019年に創刊13年を迎える「街と山のあいだ」をテーマにした小冊子『mürren』より、この3月に叢書「MÜRREN BOOKS(ミューレンブックス)」が創刊されました。各界で活躍する著者のもつ多彩な自然観を通して、読者を山と自然の世界に誘うシリーズです。
創刊第一巻は安西水丸『てくてく青空登山』。都会派で知られるイラストレーターの、山を愛する意外な一面が静かに伝わる好著です。
同書の創刊を記念しまして、既存の枠にとらわれずにインディペンダントな出版活動を長年続けておられる『Spectator』の青野利光さんと『mürren』の若菜晃子さんのおふたりの編集者に、本を作る際の方法論、思考、醍醐味などについて縦横に語っていただきます。

安西水丸ファン、山がお好きな方はもちろん、本作りに興味のある方、書籍を愛する方、紙媒体の将来を模索中の方もぜひおいで下さい。

トーク終了後に若菜さん著書の販売、サイン会を実施いたします。

プロフィール

青野利光

青野利光

あおの・としみつ

1967年茨城県生まれ。『Spectator』編集・発行人。大学卒業後2年間の商社勤務を経て、92年インディマガジン『Bar-f-Out! 』(TCRC)、99年『Spectator』を創刊。2001年TCRCを離れ、有限会社エディトリアル・デパートメントを設立。東京から長野へ拠点を移し、同誌の編集、発行を続ける。 www.spectatorweb.com

若菜晃子

若菜晃子

わかな・あきこ

1968年兵庫県生まれ。編集者。大学卒業後山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。『mürren』編集・発行人。著書に『東京近郊ミニハイク』『東京周辺ヒルトップ散歩』『徒歩旅行』『地元菓子』『石井桃子のことば』『東京甘味食堂』他。最新刊は『街と山のあいだ』。www.murren612.com

書籍情報

叢書『MÜRREN BOOKS』創刊第1巻 
安西水丸著『てくてく青空登山』

叢書『MÜRREN BOOKS』創刊第1巻 
安西水丸著『てくてく青空登山』

創刊第1巻は、イラストレーター安西水丸さんの低山歩きのイラストエッセイ集です。

唯一無二の味わい深いイラストと、飄々とした穏やかな文章で知られる安西水丸さんは、多彩な分野に通じ、数多くの作品を生み出し、交友も広く多くの人に親しまれましたが、一方でひとり静かにてくてくと、小さな山歩きを好む方でもありました。

本書は、生前安西氏が各雑誌や小冊子にかかれた、山歩きに関するイラストとエッセイをまとめたものです。

幼少期に遊んだ裏山を訪ね、戦国武将を慕って城跡に上り、雨に降られ雷に追われ、山頂でお手製のおむすびをほおばり、帰り道にドングリを拾ってはポケットに入れる水丸さん。

今年五周忌を迎える水丸さんですが、今もなお生き生きと、私たちに山登りの楽しさを語りかけてくれます。

■contents:

登山少年だった頃/雨の島/沢を歩く/低山登山は楽しい/人柄が作る、おにぎりのおいしさ/山登りの話/山で尺八を吹く/高い空の下を

てくてく青空登山 八王子城跡/高塚山/阿弥陀寺/将軍塚/大平山/大楠山/ヤクスギランド/鞍馬山/小谷城跡/山中温泉・東山神社/高館山/大文字山/源氏山/王地山/甘橿丘 …他

■仕様:B6判/128頁/定価1200円(税別)