イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2017年8月11日 (金)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年8月11日 (金)

刊行記念

『わたしのかたち 中村佑介対談集』(青土社)『コンプレックス文化論』(文藝春秋) 刊行記念

中村佑介 × 武田砂鉄 トークイベント

自身の創作に影響を与えた13名のクリエーター(和田誠、林静一、宇野亞喜良、江口寿史、さだまさし、ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文ほか)とたっぷり語り合った『わたしのかたち 中村佑介対談集』(青土社)を上梓したイラストレーターの中村佑介さん。
「文化はコンプレックスから生まれる」という仮説のもと、天然パーマ、背が低い、下戸、ハゲ、一重(ひとえ)……など10個のコンプレックスをじっくり考察した評論と、表現者たちへのインタビュー(中村佑介さんも登場!)で構成した『コンプレックス文化論』(文藝春秋)を刊行した武田砂鉄さん。
これまでも何度かの対談を行い、時間を忘れて盛り上がってきたという中村さんと武田さんのお二人が、お互いの新刊について、描くこと・書くことについて、そして抱えてきたコンプレックスについて等々、あれこれ語り合います。 どうぞご期待ください。

終了後、お二人のサイン会も開催いたします。

プロフィール

中村佑介

中村佑介

なかむら・ゆうすけ

1978年兵庫県生まれ。大阪芸術大学デザイン学科卒業。ASIAN KUNG-FU GENERATION、さだまさしのCDジャケットをはじめ、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書など数多くの書籍カバーを手がけるイラストレーター。他にも、アニメ『四畳半神話大系』などのキャラクターデザイン、セイルズとしてのバンド活動、テレビやラジオ出演、エッセイ執筆など表現は多岐にわたる。作品集『Blue』、『NOW』は、シリーズ累計13万部を突破。教則本『みんなのイラスト教室』とぬりえ本『COLOR ME』も話題に。

武田砂鉄

武田砂鉄

たけだ・さてつ

1982 年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年秋よりフリーライターに。 著書に『紋切型社会─ 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、2015年、第 25 回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論─ テレビの中のわだかまり』(青弓社)、『せいのめざめ』(河出書房新社、益田ミリ共著)がある。

書籍情報

『わたしのかたち 中村佑介対談集』

『わたしのかたち 中村佑介対談集』

中村佑介/著
1,300円+税

ASIAN KUNG-FU GENERATION、さだまさしのCDジャケットをはじめ、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書など数多くの書籍カバーを手がける著者が、自身の創作を「かたちづくった」13人のクリエイターと向き合い、ねほりはほり質問し、彼らの知られざるヒミツとカギを引き/惹き出した一冊。「描く」ためのヒントがいっぱいの、中村佑介初の対談集!

青土社

『コンプレックス文化論』

『コンプレックス文化論』

武田砂鉄/著
1,500円+税

文化はコンプレックスから生まれる。天然パーマ、背が低い、下戸、ハゲ、一重(ひとえ)、遅刻、実家暮らし、親が金持ち……これまで腰を据えて熟考されることのなかった10個のコンプレックスに向き合い、数々の文献を読み解きながらしつこく考察した評論集。各章、評論と評論の間に、そのコンプレックスを背負い、クヨクヨしつつも嗜んできたミュージシャンやデザイナーなど表現者たちへのインタビューも収録。

 文藝春秋