青山ブックセンターTwitter アカウント

イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2014年12月27日 (土)
時間
14:00~
料金
1,080円(税込)
定員
110名
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2014年12月27日 (土)

刊行記念

『ネコの吸い方』(幻冬舎)刊行記念

〜ネコ偏愛忘年会〜

ねこすいカバーfixol

出演:坂本美雨、絵師・石黒亜矢子、ゆーないと、ネコ親戚

『ネコはお吸い物です』を提唱する坂本美雨。
本業の歌手のかたわら(いや、そっちのけで?)『ネコ吸い妖怪』として自身の愛猫「サバ美」を毎日吸い、そして巡り会うすべてのネコを吸うことを志しています。そんな坂本美雨がついに濃厚なネコ偏愛フォトエッセイを刊行。それを記念して、坂本美雨さんと、この本に携わった方々やネコを通して出会った「ネコ親戚」たちがネコ愛を熱く語ります。

〜ネコ吸い妖怪からのメッセージ〜
ついに、ついに「サバ美」と「ネコ吸い」についての愛の書を出すことができました。
この本ができたのは、周りにいる、ネコを愛する人々のおかげです。この日は、そんな方々をお呼びしてネコ偏愛を解き放ち、皆さんと一緒に、また素晴らしくネコネコしい一年を迎えるための、忘年会をしたいと思います。年末のお忙しい時ですが、ぜひみなさんと濃密な午後を過ごせたらと願っています。

『ネコの吸い方』Facebookページ:
https://www.facebook.com/NEKOSUI

※トーク終了後、サイン会を開催します。対象書籍:『ネコの吸い方』

坂本美雨

撮影・池田晶紀

坂本美雨

さかもと・みう

1980年生まれ。大の愛猫家。幼い頃からノラネコたちと触れ合いながら過ごし、7歳でタビと出会う。音楽家である両親(坂本龍一・矢野顕子)、兄、タビと共に渡米。ニューヨークで10代を過ごす。その後、マイケル、チーズ、ぷぅが加わり、4匹に。17歳で音楽家デビュー。音楽活動の傍ら、演劇、ナレーション、執筆活動も行う。現在は愛猫サバ美とオットと3人暮らし。Twitterのアカウントは「ネコ吸い 坂本美雨」。

https://twitter.com/miusakamoto