イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2017年12月10日 (日)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,350円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年12月10日 (日)

刊行記念

『己を、奮い立たせる言葉。』(NewsPicks Book) 刊行記念

~努力は夢中に勝てない~
岸勇希 × 箕輪厚介 トークイベント

猛烈に夢中に我武者羅に何かを成し遂げようとする同志たちへ!

電通史上最年少でエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターになった岸勇希のトークイベント。聞き手は幻冬舎の箕輪厚介。

猛烈に生きるとは何かを問う。

プロフィール

岸勇希

岸勇希

1977年生、名古屋市生まれ。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。2004年に電通入社。2008年「コミュニケーションをデザインするための本」を上梓し、広告界にコミュニケーション・デザインという概念を提唱。以後、同領域の第一人者として業界を牽引。2014年に電通史上最年少でクリエーティブの最高職位エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任。2017年4月に独立。広告に限らず、商品開発やビジネス・デザイン、テレビ番組の企画や制作、楽曲の作詞、空間デザインに至るまで、幅広くクリエーティブ活動に携わる。

箕輪厚介

箕輪厚介

1985年東京都生まれ。2010年に双葉社に入社。広告営業などを経て2014年より編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹、『逆転の仕事論』堀江貴文などを担当。2015年幻冬舎に入社した後、『空気を読んではいけない』青木真也、『多動力』堀江貴文、『人生の勝算』前田裕二などの話題作を手がける。オンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。

書籍情報

『己を、奮い立たせる言葉。』

『己を、奮い立たせる言葉。』

結局、猛烈に望むしかない。死に物狂いであがくしかない。電通史上最年少でエグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターになった鬼才が放つ思考の技術集。