イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年12月16日 (月)
時間
19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金
1980円(書籍代) or 2,420円(書籍代)
定員
110名
会場
本店 大教室

2019年12月16日 (月)

刊行記念

『NEXT GENERATION GOVERNMENT 次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』『DISRUPTORS 反逆の戦略者』刊行記念

若林恵 × 今野良介 × 吉田泰己 トークイベント

『WIRED』日本版前編集長・若林恵の責任編集によるムック『NEXT GENERATION GOVERNMENT 次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』が12月9日に、『WIRED』UK版元編集長デイビッド・ローワンによる『DISRUPTORS 反逆の戦略者』が12月18日に発売されます。同時代に『WIRED』の編集長を務めた2人による2冊。『NEXT GENERATION GOVERNMENT』では人口減少によって社会が疲弊し「公共」が痩せ細っていくなか、デジタルテクノロジーの可能性を正しく想像することで、新しい公共のありかた、新しい行政府の輪郭をつかもうとし、『DISRUPTORS 反逆の戦略者』では〈シリコンバレー式〉バイアウト駆動型によるイノベーションに疑問を持ち、わくわくできるような本物のイノベーションを起こす、革新的アプローチで目に見える成果を挙げている組織を探して世界中を周ります。この2冊の刊行を記念して、『DISRUPTORS 反逆の戦略者』の巻末解説も執筆している若林恵氏と、日本語版の編集を担当した今野良介氏に加え、特別ゲストとして、経産省情報プロジェクト室で行政サービスのデジタル・トランスフォーメーションの推進を担当する吉田泰己室長補佐も交え、ディスカッションを行います。なぜ今次世代ガバメントなのか、なぜ今シリコンバレー以降を考えるのか — 一見離れて見えるこれら2冊の隠れたテーマを、トークを通じて浮き彫りにしてゆきます。

※①『NEXT GENERATION GOVERNMENT』1,980円(税込)
②『DISRUPTORS』2,420円(税込)、いずれかのご購入予約で参加頂けます。

※*書籍の発送はございません。イベント当日に受付にて、あるいは『NEXT GENERATION GOVERNMENT』のみ、ご希望の方には事前に店頭にてお渡しいたします。

プロフィール

若林恵

若林恵

ワカバヤシ・ケイ

1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書『さよなら未来』(岩波書店・2018年4月刊行)、責任編集『NEXT GENERATION BANK 次世代銀行は世界をこう変える』(黒鳥社/日本経済新聞出版社・2018年12月刊行)。https://blkswn.tokyo

今野良介

今野良介

コンノ・リョウスケ

1984年東京生まれ。早稲田大学第一文学部文藝専修卒業。2008年日本実業出版社入社。税金、法律、システム開発などの実務書を中心に、子育て、自己啓発書なども担当。2015年ダイヤモンド社入社。書籍編集局第一編集部所属。生涯担当書籍は全47冊。担当作に『読みたいことを、書けばいい。』『システムを「外注」するときに読む本』『落とされない小論文』など。最新刊『DISRUPTORS 反逆の戦略者』現在、担当書籍9作連続重版中。

吉田泰己

吉田泰己

ヨシダ・ヒロキ

1983年生まれ。経済産業省商務情報政策局情報プロジェクト室 室長補佐。東京大学公共政策大学院卒業後、2008年経済産業省入省。法人税制、エネルギー・環境政策を担当の後、2015年から2017年までシンガポール国立大学ビジネススクールでアジアのスタートアップエコシステム、同公共政策大学院、ハーバードケネディスクールで海外のデジタルガバメントの動向について研究。2017年7月より現職、事業者向け行政手続デジタル化を推進。今年8月に『21世紀の『公共』の設計図』を取りまとめている。
https://www.meti.go.jp/press/2019/08/20190806002/20190806002.html

書籍情報

『NEXT GENERATION GOVERNMENT 次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』

『NEXT GENERATION GOVERNMENT 次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』

1,980円(税込)
発行:黒鳥社 発売:日本経済新聞出版社

小さい政府/大きい政府の二項対立を超えていく、小さいけれども、誰も排除されない大きな社会を実現する、「小さくて大きい行政府」はありえないのか?
人口減少によって社会が疲弊し「公共」が痩せ細っていくなか、デジタルテクノロジーの可能性を正しく想像することで、新しい公共のありかた、新しい行政府の輪郭を見いだすことができないか。
テクノロジーと社会の関係に常に斜めから斬り込んできた『WIRED』日本版元編集長、『さよなら未来』の若林恵が、行政府のデジタルトランスフォーメーション(ガバメントDX)に託された希望を追いかけたオルタナティブな「行政府論」。

『DISRUPTORS 反逆の戦略者』

『DISRUPTORS 反逆の戦略者』

2,420円(税込)
発行:・発売:ダイヤモンド社

「イノベーション」という言葉から、何を連想しますか?
世界中の人々の生活や行動や思考を変えるほどの、インパクトを与える変化が「イノベーション」だとして、そういう素晴らしいイメージが浮かぶでしょうか。
『WIRED』という雑誌は、世界最先端のテクノロジーやイノベーターを紹介する雑誌です。あろうことか、その英国版創刊編集長が、シリコンバレーを中心にはびこる意識の高い「科学的にイノベーションを起こす方法」を徹底的にこき下ろすところから本書は始まります。
そして、静かに世界を変えた135人の血の滲む肉声を集め、真のイノベーションに共通する「16の行動」を導きだしました。
本書は、あらゆる組織が、企業が、そして個人が静かな革命を前に進めるための、リアルタイムの歴史書です。