イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2019年10月15日 (火)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,500円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年10月15日 (火)

刊行記念

『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(晶文社) 刊行記念

「ノンフィクション万歳!」
高橋ユキ × 水谷竹秀 × 広野真嗣 × 江坂祐輔 × 藤野眞功 トークイベント

2013年の夏にわずか12人が暮らす山口県の集落で、一夜にして5人の村人が殺害された
〈山口連続殺人放火事件〉。
その真相を追いかける新刊『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(晶文社)の刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。

本イベントでは、新世代〈調査ノンフィクション〉としても話題の本書を中心に、ノンフィクション作家の水谷竹秀さんと広野真嗣さんをお招きして、登壇者5人それぞれによる「いま語るべき10冊のノンフィクション」をテーマごとに紹介しながら、ノンフィクションの新しい扉を切り拓いていけたらと考えております。

会場では合計50冊分のブックリストを配布し、またリスト掲載書籍も取りそろえてご用意しておく予定です。

なお、トークセッション終了後にはサイン会も準備しております。
プロフェッショナルな現場の書き手から見たノンフィクションの凄さ、面白さが堪能できる本トークセッション。ぜひ足をお運びください!

プロフィール

高橋ユキ

高橋ユキ

たかはし・ゆき

ノンフィクションライター
1974年、福岡県生まれ。九州芸術工科大学卒業後、プログラマーに。2005年、女性の裁判傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成。翌年、同名のブログをまとめた書籍を発表。以降、刑事裁判の傍聴を中心に事件記事を執筆している。著書に『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『暴走老人 犯罪劇場』(洋泉社)など。

水谷竹秀

水谷竹秀

みずたに・たけひで

ノンフィクション作家
1975年、三重県生まれ。上智大学外国語学部卒。新聞記者やカメラマンを経てフリーに。現在、東京とアジアを中心に活動している。2011年、『日本を捨てた男たち』(集英社)で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞。他に『脱出老人』(小学館)、『だから、居場所が欲しかった。』(集英社)など。

広野真嗣

広野真嗣

ひろの・しんじ

ノンフィクション作家
1975年、東京都生まれ。1998年に慶應義塾大学法学部法律学科卒業。神戸新聞記者を経て2002年に猪瀬直樹事務所にスタッフとして入所。2007年より石原都政、猪瀬都政で東京都専門委員。2015年10月よりフリーランスとして独立。2017年、『消された信仰』(小学館)で第24回小学館ノンフィクション大賞受賞。

準備中

江坂祐輔

えさか・ゆうすけ

『つけびの村』版元編集者
1977年、東京都生まれ。信州大学大学院地域文化専攻卒(インド哲学)。2005年より春秋社にて編集の仕事を始め、晶文社へ移籍。手がけた本に、松岡正剛『連塾 方法日本』、中村明一『倍音』、『唯識仏教辞典』(以上、春秋社)、小木曽健『11歳からの正しく怖がるインターネット』、坂口恭平『cook』、湯澤規子『7袋のポテトチップス』(以上、晶文社)など。

準備中

藤野眞功

ふじの・みさを

『つけびの村』フリー編集者
1981年、大阪府生まれ。成蹊大学卒業後、出版社勤務を経て独立。著書に、ノンフィクション『バタス――刑務所の掟』(講談社)、長篇小説『憂国始末』(新潮社)、短篇集『アムステルダムの笛吹き』(中央公論新社)など。フリーランスの編集者としても活動し、横田徹『戦場中毒』(文藝春秋)などを手がけている。