イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2019年9月4日 (水)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,500円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2019年9月4日 (水)

刊行記念

『私は小説である』(幻戯書房) 刊行記念

「私」が小説なのか?
佐々木敦 × 山本浩貴 × h トークイベント

2019年8月末、新刊『私は小説である』(幻戯書房)を上梓する、批評家の佐々木敦さん。サミュエル・ベケットと小島信夫という、20世紀を代表する作家二人の“ある共通性”の指摘から始まる本書は、〈小説にとって「私」とは何か?〉という(古くて新しい)問いに対する小説家たちの特異な試みをめぐる評論集であり、『あなたは今、この文章を読んでいる。』(2014年)『例外小説論』(2016年)『新しい小説のために』(2017年)などに続く小説論シリーズの一巻でもあります。
今回は、本書の装釘・組版デザインを手掛けた、制作集団「いぬのせなか座」の山本浩貴さんとhさんをお招きし、語り合って頂きます。おそらくその話題は、小説、上演、記憶、時間、人称、引用、記録、虚構、制作、レイアウト、など多岐にわたることでしょう。
「小説」にとって「私」とは何なのか? そして奇妙な書名の意味とは? どうぞご期待ください。

終了後、サイン会も開催いたします。

プロフィール

佐々木敦

佐々木敦

ささき・あつし

1964年生まれ。批評家。音楽レーベルHEADZ主宰。文学、音楽、演劇、映画ほか、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。『批評時空間』『シチュエーションズ』『筒井康隆入門』『あなたは今、この文章を読んでいる。』『新しい小説のために』『アートートロジー』『この映画を視ているのは誰か?』など著書多数。

山本浩貴

山本浩貴

やまもと・ひろき

1992年生まれ。制作集団「いぬのせなか座」主宰。同メンバーのhとともに、デザインや編集、パフォーマンスの制作を行うほか、雑誌等へ批評や創作を寄稿。主なテクストに「新たな距離 大江健三郎における制作と思考」(『いぬのせなか座』1号)、「制作的空間と言語 「あそこに私がいる」で編まれた共同体の設計にむけて」(『エクリ』)ほか。主な編集・デザインに「現代詩アンソロジー「認識の積み木」」(『美術手帖』2018年3月号)、吉田恭大『光と私語』(いぬのせなか座叢書3)、『これは演劇ではない DOCUMENT BOOK』(「これは演劇ではない」実行委員会)ほか。Twitter: @hiroki_yamamoto

h

h

1993年生まれ。「いぬのせなか座」メンバー。主なちいさな話に「盆のこと」(『いぬのせなか座2号』)、『2018.4』、「すべての少年」(http://inunoesa.tumblr.com)ほか。

書籍情報

『私は小説である』(幻戯書房)

『私は小説である』(幻戯書房)

「こんなことさえも小説には可能なのだということ、それだけが、ほんとうに重要なことなのだ」。サミュエル・ベケットに始まり、小島信夫、小沼丹、保坂和志、大江健三郎、村上春樹、蓮實重彦、円城塔、筒井康隆、磯崎憲一郎、古川日出男、坂口恭平、山下澄人、飴屋法水、そして再びベケットの方へ。「私」と「小説」の可能性を酷使し、拡張し、更新するための小説論。装丁はいま注目を集める制作集団「いぬのせなか座」の山本浩貴+h。