イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年12月23日 (月)
時間
19:00〜21:00
開場 18:30〜
料金
1,100円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年12月23日 (月)

刊行記念

『増補新版 いま、地方で生きるということ』(ちくま文庫) 刊行記念

自分の仕事や暮らしを、自分たちでつくる幸福について
西村佳哲 × 田北雅裕 トークイベント

与えられた範囲内の自由でなく、仕事や暮らしを、自分たちでつくり出してゆく自由。社会変革のような大きな物語でなく、身近で具体的なことに、時間とエネルギーを注いでいる人々のあり方。ミシマ社の『いま、地方で生きるということ』(2011)には地方と都市の対立というより、そんな人々の姿が描かれていました。
新たなあとがきを加え、頁数も3割増となった文庫版の出版を記念して、著者によるトークイベントを開催します。
いわゆる移住ブームが去ったと言われる現在、「どこで・だれと・なにをして生きてゆくか?」というテーマは、ようやく落ち着いて考えられる状況を得ているのではないでしょうか。執筆から8年を経て、社会の変化や、著者の居所をめぐる話を聞きながら、集まった一人ひとりが自分のことを考えられる時間になれば。どうぞお越しください。(サイン会も準備しています)
 .
西村・追記)
この本に登場するインタビューイのひとり、田北雅裕さん(福岡)のトーク参画が決まりました。「自分の仕事や暮らしを、自分たちでつくる幸福」や「いま地方で生きること」をめぐって。そして「自分をどうはたらかせて生きる?」という話を、その場で一緒に語り合いたいと思います。

プロフィール

西村佳哲

西村佳哲

1964年生まれ。リビングワールド代表。プランニング・ディレクター。多摩美術大学、京都工芸繊維大学非常勤講師。つくる/教える/書く、の三種類の仕事を手がける。働き方研究家。著書に『ひとの居場所をつくる』(筑摩書房)、『自分の仕事をつくる』、『自分をいかして生きる』、『かかわり方のまなび方』(ちくま文庫)、『なんのための仕事?』(河出書房新社)、『自分の仕事を考える3日間 Ⅰ』『みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?』『わたしのはたらき』『一緒に冒険をする』(弘文堂)などがある。

田北雅裕

田北雅裕

2000年、デザイン活動triviaを開始。以降、まちづくりという切り口から様々なプロジェクトに携わる。2009年、九州大学に着任。現在は、教育学部/大学院教育システム専攻で教鞭をとる傍ら、認定NPO法人SOS子どもの村JAPAN/コミュニケーション部ディレクター、福岡市里親委託等推進委員などを務め、里親普及や虐待予防等、子ども家庭福祉の課題をデザインという発想で解決していく実践・研究に取り組んでいる。著書(共著)に『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン/フィルムアート社』。https://trivia.gr.jp 『いま、地方で生きるということ』に、2011年時点のインタビューが収録されている。

書籍情報

『増補新版 いま、地方で生きるということ』(ちくま文庫)

『増補新版 いま、地方で生きるということ』(ちくま文庫)

与えられた範囲内の自由でなく、仕事や暮らしを、自分たちでつくり出してゆく自由。社会変革のような大きな物語でなく、身近で具体的なことに時間とエネルギーを注いでいる人々のあり方。どこで、だれと、なにをして生きてゆく? 「いま、地方で…」というテーマを片手に、東京を離れ11名を訪ねて回ったロードムービーのような幸福論。8年後のインタビューを大幅に加えた決定版。