イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2019年3月13日 (水)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年3月13日 (水)

刊行記念

『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』(みすず書房) 刊行記念

夏目大× 越前敏弥 トークイベント

『タコの心身問題』という翻訳書が、昨年11月に刊行されて以来、多くの媒体で紹介されて大きな話題となっています。この本の訳者の夏目大さんをお招きして、この本の魅力や出版に至るいきさつなどをたっぷり話していただきます。
トークの相手をつとめる越前敏弥さんは、2017年に『おやすみ、リリー』というフィクション作品を翻訳なさいましたが、この作品にとてつもなく頭のよいタコが主役級で登場することもあり、今回の『タコの心身問題』ブームにひとかたならぬ興味を持ったとのこと。当日は、タコの知性についての話はもちろんのこと、昨今の翻訳出版全体の話題に縦横無尽にふれることになるでしょう。何が飛び出すか、どうぞお楽しみに。

終了後、お二人のサイン会も開催いたします。

プロフィール

夏目大

夏目大

なつめ・だい

1966年生まれ。翻訳者。おもな訳書『タコの心身問題』(みすず書房)、『6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む』、『ゴビ』(いずれもハーパーコリンズジャパン)、『あなたの人生の意味』『あなたの人生の意味』『リベラル再生宣言』(いずれも早川書房)、『脳はいいかげんにできている』(河出書房新社)、『タイムトラベル』(柏書房)など。

越前敏弥

越前敏弥

えちぜん・としや

1961年生まれ。文芸翻訳者。おもな訳書『おやすみ、リリー』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、『おやすみの歌が消えて』(集英社)、『オリジン』『ダ・ヴィンチ・コード』『Xの悲劇』『思い出のマーニー』(以上、KADOKAWA)、『大統領失踪』『解錠師』『生か、死か』(以上、早川書房)、『夜の真義を』(文藝春秋)など。著書『翻訳百景』(KADOKAWA)、『文芸翻訳教室』(研究社)、『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。

書籍情報

『タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源』

『タコの心身問題 頭足類から考える意識の起源』

ピーター・ゴドフリー=スミス/著 夏目大/訳
3000円+税

心は何から、いかにして生じるのだろう。進化は「まったく違う経路で心を少なくとも二度、つくった」。一つはヒトや鳥類を含む脊索動物、もう一つがタコやイカを含む頭足類だ。著者は、「頭足類と出会うことはおそらく私たちにとって、地球外の知的生命体に出会うのに最も近い体験だろう」という。人間とはまったく異なる心/内面/知性と呼ぶべきものを、彼らはもっている。本書は頭足類の心と私たちの心の本性を合わせ鏡で覗き込む本である。
知能の高さゆえの茶目っ気たっぷりの行動や、急速な老化と死の謎など、知れば知るほど頭足類の生態はファンタスティック。味わい深く、驚きに満ちた一冊。

『おやすみ、リリー』

『おやすみ、リリー』

スティーヴン・ローリー/著 越前敏弥/訳
2,500円+税

12歳のダックスフント、リリーと二人暮らしのぼく。
ある日、ぼくはリリーの頭に小さなタコが張りついていることに気付く。
その日から、あたりまえの日常は終わりをつげ、帽子のような“それ”とリリーとの奇妙な生活が始まる。
日に日に弱ってゆくリリーのそばで、ぼくは彼女を守ることを誓う。
でも、本当はわかっていた。
その日が来ることを、ぼくは認めたくなかったのだ――

ハーパーコリンズ・ジャパン 『おやすみ、リリー』特設サイト