イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2020年6月14日 (日)
時間
13:30~16:30
開場 13:00~
料金
1,540円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年6月14日 (日)

刊行記念

蝶のようなカー
小野田光『蝶は地下鉄をぬけて』・寺井奈緒美『アーのようなカー』合同批評会
穂村弘 × 田中有芽子 × 柴田葵 × 東直子 × 寺井奈緒美 × 小野田光


新鋭短歌シリーズ(書誌侃侃房)より第一歌集として刊行された小野田光『蝶は地下鉄をぬけて』と寺井奈緒美『アーのようなカー』。どちらの歌集も、特徴的な口語を用いた短歌の数々が話題になっています。この2冊の批評を通して見えてくる現代短歌のおもしろさとは何なのか。現代短歌を代表するパネリストと著者が語り合うトークイベントです。
※終了後、出演者のサイン会も開催いたします。

●第1部
『アーのようなカー』批評会
パネリスト:穂村弘、柴田葵、小野田光

●第2部
『蝶は地下鉄をぬけて』批評会
パネリスト:東直子、田中有芽子、寺井奈緒美

●第3部
クロストーク
パネリスト:穂村弘、田中有芽子、柴田葵、東直子

プロフィール

穂村弘

穂村弘

ほむら・ひろし

1962年北海道生まれ。歌人。1990年、『シンジケート』でデビュー。現代短歌を代表する歌人として、エッセイや評論、絵本など幅広く活躍。『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、連作「楽しい一日」で第44回短歌研究賞、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。歌集に『ラインマーカーズ』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』など。

準備中

田中有芽子

たなか・うめこ

札幌生まれの埼玉育ち。東京在住。平成21年、 短歌を作り始める。かばん会に所属。平成22年、日本経済新聞の歌壇に投稿を始める。平成31年、 フィクション作品『BBレポート』。令和元年、第一歌集『私は日本狼アレルギーかもしれないがもう分からない』。

柴田葵

柴田葵

しばた・あおい

神奈川県生まれ、東京都在住。 育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。2019年12月、第一歌集『母の愛、僕のラブ』(書誌侃侃房)。

東直子

東直子

ひがし・なおこ

1963年生まれ。歌人・作家。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『十階』、小説に『とりつくしま』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、その他『愛のうた』『短歌の詰め合わせ』『しびれる短歌』(穂村弘との共著)など著著多数。1996年、「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、2016年、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。

寺井奈緒美

寺井奈緒美

てらい・なおみ

ホノルル生まれ、愛知育ち、東京在住。趣味は粘土で縁起のよい人形をつくること。2019年4月、第一歌集『アーのようなカー』(書肆侃侃房)。

小野田光

小野田光

おのだ・ひかる

1974年、東京都生まれ。「かばん」会員。2018年東京歌壇(東京新聞)東直子選年間賞。「ホッケーと和紙」50首により第64回角川短歌賞佳作。「砂糖水」「半券」同人。2018年12月、第一歌集『蝶は地下鉄をぬけて』(書肆侃侃房)。

書籍情報

『蝶は地下鉄をぬけて』

『蝶は地下鉄をぬけて』

小野田光/著
1, 700円+税
書肆侃侃房/新鋭短歌シリーズ45
【放物線をながめるように】
見わたすと、この世は明るくておもしろい。
たとえ何かをあきらめるときであっても。(東直子)

『アーのようなカー』

『アーのようなカー』

寺井奈緒美/著
1,700円+税
書肆侃侃房/新鋭短歌シリーズ46
【生活のあらゆる隙間にユーモアを詰める。】(いとうせいこう)
【この世のいとおしい凸凹】
どこまでも平らな心で見つけてきた、景色の横顔。
面白くて、美しくて、悲しくて、ほんのり明るい。(東直子)