イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

終了

店頭受付

概要

日程
2020年6月14日 (日)
時間
13:30~16:30
開場 13:00~
料金
1,540円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年6月14日 (日)

刊行記念

※開催中止 蝶のようなカー
小野田光『蝶は地下鉄をぬけて』・寺井奈緒美『アーのようなカー』合同批評会
穂村弘 × 田中有芽子 × 柴田葵 × 東直子 × 寺井奈緒美 × 小野田光

大変心苦しいのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を考え、この度のトークイベントの開催を中止いたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

■ご返金について

【オンラインにてご予約いただいているお客様】
全て払い戻しをさせていただきます。
既に決済済みの料金を取り消すこととさせていただきますので、お客様が処理をする必要はございません。
返金対応はすでに終了しております。お手数をおかけいたしますが、ご確認をお願いいたします。

【店頭にて「チケット引換え券」をご購入のお客様】
店頭にて払い戻しを受け付けております。チケット引換え券をお持ちの上、お手数ですがご来店をお願いいたします。
ご質問は店舗までお問い合わせください。

新鋭短歌シリーズ(書誌侃侃房)より第一歌集として刊行された小野田光『蝶は地下鉄をぬけて』と寺井奈緒美『アーのようなカー』。どちらの歌集も、特徴的な口語を用いた短歌の数々が話題になっています。この2冊の批評を通して見えてくる現代短歌のおもしろさとは何なのか。現代短歌を代表するパネリストと著者が語り合うトークイベントです。
※終了後、出演者のサイン会も開催いたします。

●第1部
『アーのようなカー』批評会
パネリスト:穂村弘、柴田葵、小野田光

●第2部
『蝶は地下鉄をぬけて』批評会
パネリスト:東直子、田中有芽子、寺井奈緒美

●第3部
クロストーク
パネリスト:穂村弘、田中有芽子、柴田葵、東直子

プロフィール

穂村弘

穂村弘

ほむら・ひろし

1962年北海道生まれ。歌人。1990年、『シンジケート』でデビュー。現代短歌を代表する歌人として、エッセイや評論、絵本など幅広く活躍。『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、連作「楽しい一日」で第44回短歌研究賞、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞、『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞を受賞。歌集に『ラインマーカーズ』『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』など。

準備中

田中有芽子

たなか・うめこ

札幌生まれの埼玉育ち。東京在住。平成21年、 短歌を作り始める。かばん会に所属。平成22年、日本経済新聞の歌壇に投稿を始める。平成31年、 フィクション作品『BBレポート』。令和元年、第一歌集『私は日本狼アレルギーかもしれないがもう分からない』。

柴田葵

柴田葵

しばた・あおい

神奈川県生まれ、東京都在住。 育児クラスタ短歌サークル「いくらたん」、詩・俳句・短歌同人「Qai(クヮイ)」に参加。第6回現代短歌社賞候補。第2回石井僚一短歌賞次席「ぺらぺらなおでん」。第1回笹井宏之賞大賞「母の愛、僕のラブ」。2019年12月、第一歌集『母の愛、僕のラブ』(書誌侃侃房)。

東直子

東直子

ひがし・なおこ

1963年生まれ。歌人・作家。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『十階』、小説に『とりつくしま』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、その他『愛のうた』『短歌の詰め合わせ』『しびれる短歌』(穂村弘との共著)など著著多数。1996年、「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞、2016年、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。

寺井奈緒美

寺井奈緒美

てらい・なおみ

ホノルル生まれ、愛知育ち、東京在住。趣味は粘土で縁起のよい人形をつくること。2019年4月、第一歌集『アーのようなカー』(書肆侃侃房)。

小野田光

小野田光

おのだ・ひかる

1974年、東京都生まれ。「かばん」会員。2018年東京歌壇(東京新聞)東直子選年間賞。「ホッケーと和紙」50首により第64回角川短歌賞佳作。「砂糖水」「半券」同人。2018年12月、第一歌集『蝶は地下鉄をぬけて』(書肆侃侃房)。

書籍情報

『蝶は地下鉄をぬけて』

『蝶は地下鉄をぬけて』

小野田光/著
1, 700円+税
書肆侃侃房/新鋭短歌シリーズ45
【放物線をながめるように】
見わたすと、この世は明るくておもしろい。
たとえ何かをあきらめるときであっても。(東直子)

『アーのようなカー』

『アーのようなカー』

寺井奈緒美/著
1,700円+税
書肆侃侃房/新鋭短歌シリーズ46
【生活のあらゆる隙間にユーモアを詰める。】(いとうせいこう)
【この世のいとおしい凸凹】
どこまでも平らな心で見つけてきた、景色の横顔。
面白くて、美しくて、悲しくて、ほんのり明るい。(東直子)