イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2020年2月8日 (土)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,540円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2020年2月8日 (土)

刊行記念

『半自伝的エッセイ 廃人』(春陽堂書店) 刊行記念

俳人・北大路翼 × 歌人・笹公人 対談イベント
「俳句と短歌の可能性 -歌舞伎町念力-」

北大路翼さん初のエッセイ集『半自伝的エッセイ 廃人』の刊行にあたり、歌人の笹公人さんとの対談が実現しました。おふたりは、いつどこで「詩(ことば)」と出会い、どうやって「詩(ことば)」と生きてきたのか。
普段の創作への思いや裏話、笑いのある「17文字」と「31文字」、誰もが今日から実践できる「技術」と「知識」、歌舞伎町の魅力、言葉の念力、蔓延するSNSでの言葉の暴力…など、現代における「俳句と短歌(ことば)」の可能性を語り合います。

※終了後、おふたりのサイン会も開催いたします。

プロフィール

北大路翼

北大路翼

きたおおじ・つばさ

1978年、横浜市生まれ。新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」家元、「街」同人、砂の城城主。種田山頭火を知り、小学5年生より句作を開始。2011年、作家・石丸元章氏と出会い、屍派を結成。2012年、芸術公民館を現代美術家・会田誠氏から引き継ぎ、「砂の城」と改称。句集に『天使の涎』(第7回田中裕明賞受賞)、『時の瘡蓋』、編著に『新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」アウトロー俳句』『生き抜くための俳句塾』など。

笹公人

笹公人

ささ・きみひと

1975年、東京都生まれ。「未来」選者、現代歌人協会理事。「牧水・短歌甲子園」審査員。大正大学客員准教授。17歳の頃、寺山修司の短歌を読んだことがきっかけで作歌を始める。1999年、未来短歌会に入会。岡井隆氏に師事。2003年、第一歌集『念力家族』(NHK Eテレにて連続ドラマ化)を刊行。歌集『念力図鑑』『抒情の奇妙な冒険』『念力ろまん』、作品集『念力姫』、エッセイ集『ハナモゲラ和歌の誘惑』、絵本『ヘンなあさ』(絵・本秀康)、和田誠氏との共著『連句遊戯』、朱川湊人氏との共著『遊星ハグルマ装置』など著書多数。

書籍情報

『半自伝的エッセイ 廃人』

『半自伝的エッセイ 廃人』

北大路翼/著
2,000円+税

人生すべてが俳句の種――
新宿歌舞伎町を詠むアウトロー俳人・北大路翼、初のエッセイ集!

明 滅 は 悲 憤 即 ち 朝 と 夜

死がなければ生はない。生き様と死に様は同じだ。
僕の「今」を確認するために、本書の俳句やエッセイはあえて過去を意識した。
累々たる過去の死骸の上にしか今の僕は存在しない。
俳句は死んだ僕が生きていたときの記録だ。墓碑だ。
下手くそな字を刻んだので笑って欲しい。「今」は一瞬だ。次々に死んで行く。
お前も墓を作って一服しようぜ。(自序より)

春陽堂書店

『ハナモゲラ和歌の誘惑』

『ハナモゲラ和歌の誘惑』

笹 公人/著
1300円+税

魔術的言語「ハナモゲラ」の謎を追って、歌人・笹公人が言葉と韻律の冒険に繰り出す。愉快痛快、縦横無尽の短歌エッセイ多数、ジャズ・ピアニスト山下洋輔との対談も同時収録。

小学館