イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年9月10日 (火)
時間
19:00〜20:30
開場 18:30〜
料金
1,500円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年9月10日 (火)

刊行記念

「しょぼい自己啓発シリーズ」刊行記念

なぜ時代は〝しょぼさ〟を求めているのか? しょぼいサバイバル術のすすめ
えらいてんちょう × 内田樹「(ほんとは)しょぼくないトークイベント」


『しょぼ婚のすすめ』『静止力』『ビジネスに勝つネットゲリラ戦術詳説』とえらいてんちょう氏の新刊が同時に3冊刊行された。前著は『しょぼい起業で生きていく』。そう、えらいてんちょう氏はこの時代を生き抜く術として「しょぼさ」の重要性を強調している。いまYouTuber、起業家、投資家、コンサルタントとして活躍し、次世代のオピニオンリーダーとして期待されるえらいてんちょう氏がいまの時代に求められている「しょぼさ」とはいったいどういうことか?そんなえらいてんちょう氏のこの時代を生きるサバイバル術を絶賛している思想家・内田樹氏は、今回の新著『静止力』でも帯に推薦文を寄稿した。ふたりが見つめている時代の本質とは何か? 生き方の極意とは何か?を存分に語りあう禁断のトークショー。

(終了後、お二人のサイン会も開催いたします。)

プロフィール

えらいてんちょう

えらいてんちょう

1990年12月30日生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。
バーや塾の起業の経験から経営コンサルタント、YouTuber、著作家、投資家として活動中。2015年10月にリサイクルショップを開店し、その後、知人が廃業させる予定だった学習塾を受け継ぎ軌道に乗せる。2016年には地元・池袋でイベントバー「エデン」を開店させ、事業を拡大。その「エデン」が若者の間で人気を呼び、日本全国で10店、海外に1店(バンコク)のフランチャイズ支店を展開。各地で話題となっている。昨年12月には初著書「しょぼい企業で生きていく」(イースト・プレス)を発売し、ベストセラーに。朝日新聞ほか多くのニュースメディアで取り上げられたことで男性女性から幅広く支持されている。YouTube「えらてんチャンネル」のチャンネル登録者数は約14万人(2019年7月現在)。

内田樹

内田樹

1950年東京都生まれ。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学人文学部客員教授、昭和大学理事。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科博士過程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論など。神戸で哲学と武道研究のための私塾凱風館を主宰。合気道7段。『私家版・ユダヤ文化論』で第6回小林秀雄賞、『日本辺境論』で第3回新書大賞、執筆活動全般について第3回伊丹十三賞を受賞。著書に『ためらいの倫理学 戦争・性・物語』『先生はえらい』『寝ながら学べる構造主義』『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』『レヴィナスと愛の現象学』『死と身体』『街場の現代思想』『困難な成熟』『直感はわりと正しい 内田樹の大市民講座』『武道的思考』、池上六朗氏との共著に『身体の言い分』など多数。

書籍情報

『ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説』『しょぼ婚のすすめ』『静止力 地元の名士になりなさい』

『ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説』『しょぼ婚のすすめ』『静止力 地元の名士になりなさい』

『ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説』
「金なし・コネなし・能力なし」それでも問題なし!
インターネット時代に個人で戦えるビジネスゲリラの法則を教えます。

『しょぼ婚のすすめ』
「結婚というもののハードルの高さ」を払拭し、
〝出会って2週間婚〟の著者が教える「婚活・結婚・子育て」術

『静止力 地元の名士になりなさい』
多動な人間ばかりが高い格付けをされる時代に、一つの場所に根付いて〝地元の名士〟になれ!
健康で文化的な生活の知恵は地元の豊かにすることだ!