イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2020年3月24日 (火)
時間
19:00~20:30
(開場18:30)
料金
1,540円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年3月24日 (火)

言葉を学ぶ

縦のものを横に、横のものを縦に―日英翻訳と英日翻訳

※開催中止 柴田元幸×ポリー・バートン トークイベント

※ポリー・バートン氏来日中止のため、大変申し訳ありませんがこの度のトークイベントの開催を中止とさせていただきます。

■ご返金について
1  店頭にて「チケット引換え券」をご購入のお客様
店頭にて払い戻しを受け付けております。チケット引換え券をお持ちの上、お手数ですがご来店をお願いいたします。ご質問は店舗までお問い合わせください。

2 オンラインにてご予約いただいているお客様
全て払い戻しをさせていただきます。
既に決済済みの料金を取り消すこととさせていただきますので、お客様が処理をする必要はございません。
順次払い戻し処理を行います。終了次第ご登録いただいているメールアドレスに返金処理終了のメールが届きますので、お手数をおかけいたしますが、ご確認をお願いいたします。

 

現代アメリカ小説を数多く翻訳するとともに、英語文芸誌を編集し日本文学の紹介にも努めてきた柴田元幸と、現代日本文学の若手英訳者として大活躍中のポリー・バートンが、日→英/英→日の翻訳について、文字どおり「縦横無尽」に語りあいます。

プロフィール

柴田元幸

©島袋里美

柴田元幸

しばた・もとゆき

アメリカ文学翻訳者、東京大学名誉教授。
ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スチュアート・ダイベック、スティーヴ・エリクソンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。
最近の翻訳に、スティーヴン・ミルハウザー『私たち異者は』(白水社)、エリック・マコーマック『雲』(東京創元社)、編著書に『「ハックルベリー・フィンの冒けん」をめぐる冒けん』(研究社)。文芸誌『MONKEY』、および英語文芸誌Monkey Business 責任編集。2017 年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。

Polly Barton

Polly Barton

ポリー・バートン

イギリス在住の日英翻訳者。
ケンブリッジ大学で哲学を専攻。卒業後に来日し佐渡島の中学校で英語を教える。その後、ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院(SOAS)でTheory and Practice of Translation(翻訳の理論と実践)の修士課程を修了。 2012年、文化庁が立ち上げた第1回JLPP翻訳コンクール最優秀賞受賞。有吉佐和子『非色』の英訳により2016年度のKyoko Selden Memorial Translation Prizeを受賞。2017年1月に柴崎友香『春の庭』の英訳をイギリスのPushkin Pressから出版。窪美澄『ふがいない僕は空を見た』の英訳に対して2017年度のPEN/Heim Translation Grant Fundを受賞。

書籍情報

『雲』
エリック・マコーマック(著)
柴田元幸(訳)

『雲』
エリック・マコーマック(著)
柴田元幸(訳)

東京創元社
3,500円+税
ISBN:978-4-488-016746

『Spring Garden』
Tomoka Shibasaki
translated by Polly Barton

『Spring Garden』
Tomoka Shibasaki
translated by Polly Barton

Pushkin Press
ISBN:978-1-782-272700