イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年10月23日 (日)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,080円(税込)
定員
100名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~18:00)
受付時間短縮中

2016年10月23日 (日)

刊行記念

『星野智幸コレクション』(人文書院)刊行記念

「文学に政治を持ち込め!」
星野智幸 トークイベント

hosino-main1

小説家の星野智幸さんは今年9月、初めての自選作品集『星野智幸コレクション』の第Ⅰ巻『スクエア』と第Ⅱ巻『サークル』を上梓しました。Ⅰ、Ⅱ巻に収めた長篇作品について、星野さんはご自身の中で「新しい政治小説三部作」と名付けています。そこには、日本文学の中で政治が長く空白になり続けてきたことに対する、絶えざる問いかけがありました。

執筆当時、星野さんが作品に込めた思いとはどのようなものだったのか。また現在、日本社会で起きている一連の出来事やそこから浮かぶ人々のメンタリティを、星野さんは作品との関わりでどのように考えているのか。Ⅰ、Ⅱ巻の紹介を交えながらお話し頂きます。

終了後、サイン会も開催いたします。

星野智幸

星野智幸

ほしの・ともゆき

1965年、アメリカ・ロサンゼルス市生まれ。88年、早稲田大学卒業。2年半の新聞社勤務後、メキシコに留学。97年「最後の吐息」で文藝賞を受賞しデビュー。2000年「目覚めよと人魚は歌う」で三島由紀夫賞、03年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、11年『俺俺』で大江健三郎賞、15年『夜は終わらない』で読売文学賞を受賞。『呪文』『未来の記憶は蘭のなかで作られる』など著書多数。

書籍情報

『星野智幸コレクションⅠ,Ⅱ』

星野智幸著
『星野智幸コレクションⅠ スクエア』
『星野智幸コレクションⅡ サークル』

各2,400円+税
人文書院

ディストピアではない。これが現実だ。星野智幸の代表作を4テーマに分類。単行本未収録の作品等とあわせた初の自選作品集〈全4巻〉

『星野智幸コレクションⅠ スクエア』
私はなぜ権力になびくのか。人々が政治に求める欺瞞と暴力をえぐる「在日ヲロシヤ人の悲劇」、大幅改稿「ファンタジスタ」、短篇三篇の他、単行本未収録「先輩伝説」等を収録。

『星野智幸コレクションⅡ サークル』
私はいつ集団に呑み込まれたのか。家族依存・国家依存からの脱出口を探る「毒身」二部作、「ロンリー・ハーツ・キラー」の他、単行本未収録「フットボール・ゲリラ」を収録。