イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年5月5日 (日)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,500円(税込)
定員
50名様
会場
本店 大教室

2019年5月5日 (日)

刊行記念

文学ムック『たべるのがおそいvol.7』(書肆侃侃房) 刊行記念

たべおそファイナルパーティー
高山羽根子 × 柳原孝敦 × 西崎憲 トークイベント

『たべるのがおそい』は Vol. 7 をもって終刊となります。今回はおそらく最 後のイベントです。けれども、終刊とはなりますが、『たべるのがおそい』の オルタナ文芸志向は、今後もさまざまな方面に引き継がれていくと思います。
ですので、始まりの始まりということで、今回は話題作を精力的に発表され ている高山羽根子さんと、初の小説をご寄稿いただいた南米文学の翻訳者柳原孝敦さんと、三人で文芸に関して、肩の凝らない話をしたいと思います。
ファイナルパーティーと銘打っているので、ギター伴奏の朗読や原画の展示 なども検討しております。
五月の明るい日曜日、小説や詩の話をしませんか。御来駕をお待ちいたします。

『たべるのがおそい』編集長 西崎憲

プロフィール

高山羽根子

高山羽根子

たかやま・はねこ

1975年富山生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。
2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出、同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)に掲載。
2014年に短編集『うどん キツネつきの』(東京創元社)を刊行、2016年に「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。著書『オブジェクタム』(朝日新聞出版)『居た場所』(河出書房新社)。

柳原孝敦

柳原孝敦

やなぎはら・たかあつ

翻訳家、大学教師、1963年鹿児島県名瀬市(現・奄美市)出身。今回『たべるのがおそい』に発表した「儀志直始末記」前半は、ここでの前半生に取材したもののようだ。
著書に『ラテンアメリカ主義のレトリック』、『テクストとしての都市 メキシコDF』(近刊)など。
訳書にフアン・ガブリエル・バスケス『物が落ちる音』、セサル・アイラ『文学会議』など

西崎憲

西崎憲

にしざき・けん

翻訳家、作家、訳書に『郵便局と蛇』コッパード、『ヴァージニア・ウルフ短篇集』『ヘミングウェイ短篇集』、『第二の銃声』バークリーなど。編纂・共訳に『短篇小説日和』『怪奇小説日和』など。著書に第十四回ファンタジーノベル大賞受賞作『世界の果ての庭』、『蕃東国年代記』『ゆみに町ガイドブック』『飛行士と東京の雨の森』『全ロック史』など。歌集に『ビットとデシベル』。音楽インディーレーベル dog and me records と電子書籍レーベル〈惑星と口笛ブックス〉主宰。

書籍情報

文学ムック『たべるのがおそいvol.7』

文学ムック『たべるのがおそいvol.7』

文学ムック「たべるのがおそい」、終刊号!

【巻頭エッセイ】
斎藤真理子
【特集〈ジュヴナイル―秘密の子供たち〉】
岩井俊二 銀林みのる 櫻木みわ 飛浩隆 西崎憲 松永美穂
【創作】
小山田浩子 高山羽根子 柳原孝敦
【短歌】
熊谷純 佐伯紺 錦見映理子 虫武一俊
【エッセイ】
梅﨑実奈 東雅夫
【翻訳】
チョン・ミョングァン
吉良佳奈江訳
ハイミート・フォン・ドーデラー
垂野創一郎訳

小説と翻訳と短歌を中心にした文学ムックわたしたちは誰もが重力というものに支配されています。
「たべるのがおそい」は、その重力を少し弱めてみたいと思っています。
読んでいるあいだ、少し動きやすく、歩きやすい、
それがこの一風変わったタイトルの文学誌の目標です。
西崎憲(編集長)