イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2011年11月03日(木・祝)
時間
18:30~(開場18:00~)
料金
税込 1000円
定員
100名様
会場
本店 大教室

※入場チケットは、イベント当日受付にてお渡しします。
※当日の入場は、先着順・自由席となります。
※電話予約は行っておりません。

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

2011年11月03日(木・祝)

豊島美術館開館1周年&『豊島美術館 写真集』刊行記念
連続トークセッション ―空間・環境のアウラ

第2夜 内藤礼×小池一子

photo:Ken’ichi Suzuki

イベント内容

2010年秋、瀬戸内海の小さな島に「豊島美術館」がオープンしました。内藤礼氏による作品「母型」と西沢立衛氏の設計による建築が融合した、世界に類を見ない美術館が実現され、訪れた多くの人びとから絶賛の声が上がっています。この度、開館1周年を機に『豊島美術館 写真集』が刊行となります。

豊島美術館の奇跡的とも言える独自な「空間」について、周囲の自然と深く関係を持った「環境」について、そしてその創造と制作のプロセスについて、アーティストと建築家、それぞれの仕事を深く知るキュレーター・批評家を相手に迎えた連続トークセッションです。

第2夜は現代美術家・内藤礼氏と、ゲストに小池一子氏をお招きしたトークショーを開催します。

トークショー終了後に内藤礼さんのサイン会を行います。
サイン会対象書籍:『豊島美術館 写真集』

プロフィール


photo:永禮 賢

内藤礼(ないとう・れい)

1961年広島県生まれ。1985年武蔵野美術大学造形学部卒業。1991年個展「地上にひとつの場所を」(佐賀町エキジビットスペース、東京)で注目を集め、1997年の第47回ヴェニス・ビエンナーレ日本館でも同作品を発表。
主な展覧会:1995年「みごとに晴れて訪れるを待て」(国立国際美術館、大阪)、1997年「Being called 」(カルメル会修道院、フランクフルト)、2002年「地上にひとつの場所を / Tokyo 2002」(rice gallery by G2、東京)、2009年「すべて動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している」(神奈川県立近代美術館 鎌倉)。現在、個展「佐賀町アーカイブ コレクション プラス、2 ? 内藤礼展」(佐賀町アーカイブ、東京)が開催中。
パーマネント作品:2001年直島・家プロジェクト・きんざ《このことを》(ベネッセアートサイト直島)など。
主な受賞:日本現代藝術奨励賞(インスタレーション分野、1995年)、第一回アサヒビール芸術賞(2003年)。


photo:冨田里美

小池一子(こいけ・かずこ)

東京都生まれ。1983年~2000年日本初のオルタナティブ・スペース「佐賀町エキジビット・スペース」創設・主宰。現代美術の新しい才能を国内外に送り出した。インディペンデント・キュレーターとして公私立の美術館等への企画参加を重ねている(鹿児島県霧島アートの森、十和田市現代美術館、横浜BankART など)。
2000年、ヴェニス・ビエンナーレ第7回国際建築展 日本館「少女都市」企画・展示監修。 2011年より「佐賀町アーカイブ」として、佐賀町エキジビット・スペースの活動と資料、作品コレクションを検証し、展示し、学ぶ、アーカイブをショーケース化するという新しい試みに着手した。「無印良品」アドヴァイザリー・ ボード。武蔵野美術大学名誉教授。

書籍紹介

『豊島美術館 写真集』

発行 2011年10月17日(開館1周年)
著者 内藤礼(アート) 西沢立衛(建築) 鈴木研一(写真)
企画・編集・装幀 富井雄太郎
判型 240×306mm・32頁・上製本
定価 本体3,000円+税
印刷・製本 図書印刷株式会社 佐野正幸(プリンティング・ディレクション) 岩瀬学(製本)
協力 直島福武美術館財団
ISBN-13: 978-4990543617

TESHIMA ART MUSEUM PHOTO BOOK
First Edition 17th October, 2011
Author Rei Naito (Art) Ryue Nishizawa (Architecture) Ken’ichi Suzuki (Photograph)
Planning/Editing/Book Design Yutaro Tomii
Printing/Binding TOSHO Printing co.,Ltd.
Masayuki Sano (Printing Direction)
Manabu Iwase (Binding)
Cooperation Naoshima Fukutake Art Museum Foundation
ISBN-13: 978-49905436-1-7

2010年10月17日の開館から約半年。十分に太陽高度が確保され、木々の緑も生えそろい、棚田に水が張られた時期が撮影に選ばれた。晴天から曇天や雨天、早朝から夕刻まで、光や風の状態と呼応し、刻々と変化し続ける様を独自のフレームで切り取っている。
群島とそれを包む瀬戸内海の自然、田畑や集落などの人びとの営み、そして美術館内部の内藤礼氏による作品「母型」まで、大小異なるスケールを持った環境全体が、生き生きと捉えられている。独自の製本や高精度の印刷などハイエンドなクオリティを実現。