イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2018年6月5日 (火)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年6月5日 (火)

刊行記念

『THE BIG HOUSE アメリカを撮る』(岩波書店) 刊行記念
& 映画『ザ・ビッグハウス』公開記念

「不思議な〈世界〉の切り取り方」
想田和弘 × 武田砂鉄 × マーク・ノーネス トークイベント

今春、映画『港町』が公開・絶賛され、息つく間もなく次回作『ザ・ビッグハウス』が公開間近の想田和弘さん。初めてアメリカで撮った観察映画『ザ・ビッグハウス』製作の背景とアメリカ再発見の日々を『THE BIG HOUSE アメリカを撮る』(岩波書店)で書き下ろしました。全米最大のアメフトスタジアム「ザ・ビッグハウス」に集い、働く人々にカメラを向けるというこのプロジェクトは、折しもアメリカ大統領選挙の真っ只中に撮影。これまでの作品とはかなり勝手の違う、学生たちとの共同作業や編集過程での悪戦苦闘などについて、ユニークな社会事象の切り口で知られるライターの武田砂鉄さんと語っていただきます。また、特別ゲストとして当日は、この映画『ザ・ビッグハウス』製作プロジェクトに想田さんを誘い込んだご本人にして共同監督、日本映画研究者として知られるマーク・ノーネスさんにもご登壇いただき、本作の見所や世界のドキュメンタリー映画事情、大学芸術系学部の学びの実態など、貴重なお話を伺いたいと思います。どうぞお楽しみに!

映画『ザ・ビッグハウス』

プロフィール

想田和弘

想田和弘

そうだ・かずひろ

1970年生まれ。映画作家。93年からニューヨーク在住。「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。作品に『選挙』(2007)、『精神』(08)、『Peace』(10)、『演劇1』(12)、『演劇2』(12)、『選挙2』(13)、『牡蠣工場』(15)、『港町』(18)などがあり、最新作『ザ・ビッグハウス』が6月9日より渋谷シアター・イメージフォーラムなどで劇場公開予定。国際映画祭などでの受賞多数。著書に『精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける』(中央法規出版)、『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『演劇VS映画————ドキュメンタリーは「虚構」を映せるか』(岩波書店)、『日本人は民主主義を捨てたがっているのか?』(岩波ブックレット)、『熱狂なきファシズム————ニッポンの無関心を観察する』(河出書房新社)、『カメラを持て、町へ出よう————「観察映画」論』(集英社インターナショナル)、『観察する男————映画を一本撮るときに、監督が考えること』(ミシマ社)など。

武田砂鉄

武田砂鉄

たけだ・さてつ

1982年東京都生まれ。出版社を経て、2014年秋よりフリーライターに。著書に『紋切型社会————言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論———テレビの中のわだかまり』(青弓社)、『コンプレックス文化論』(文藝春秋)、『日本の気配』(晶文社)など。想田和弘著『熱狂なきファシズム』の編集者でもある。

マーク・ノーネス

左から想田さん、マーク・ノーネスさん、右が『ザ・ビッグハウス』同じく共同監督・製作のテリー・サリスさん

マーク・ノーネス

Markus Nornes

ミシガン大学映像芸術文化学科・アジア言語文化学科教授。研究分野はアジア映画、日本映画、ドキュメンタリーなど。著書に『日本映画研究へのガイドブック』(アーロン・ジェローとの共著、ゆまに書房)、Forest of Pressure:Ogawa Shinsuke and Postwar Japanese Documentary,University of Minnesota UP、Cinema Babel: Translating Global Cinema ,Minnesota UPなど。近刊に『日本戦前映画論集———映画理論の再発見』(ゆまに書房)。

書籍情報

『THE BIG HOUSE アメリカを撮る』

『THE BIG HOUSE アメリカを撮る』

想田和弘/著
1,800円+税

16人の映画作家とともに、全米最大のアメフト・スタジアムに集い、働く人々にカメラを向けた映画づくりは、折しも大統領選挙の激動期、アメリカを再発見するプロセスとなった。気鋭の映画作家が新たな挑戦を綴る。「あとがき」=マーク・ノーネス。

岩波書店