イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2020年3月3日 (火)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,540円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2020年3月3日 (火)

刊行記念

韓国SF短編集『となりのヨンヒさん』著者来日!

チョン・ソヨン × 松田青子 トークイベント 【司会:吉川凪】

『他者とは、人生とは、未知の存在だ。
その未知とつながることの痛みと奇跡を、こんなにも優しく照らし出す作者はまるで灯台の光のよう。
絶対に私たちを見つけてくれる。』
(松田青子)

韓国SF短編集『となりのヨンヒさん』の著者チョン・ソヨンさんが来日!
作家の松田青子さんをゲストに、トークイベントを行います。
【司会:吉川凪さん(韓国語翻訳者)】

作家であり、〈韓国SF作家連帯〉の初代代表であり、英語→韓国語の翻訳者でもあり、
人権派の弁護士としても活躍しているチョン・ソヨンさん。
そのデビュー作『となりのヨンヒさん』の魅力とは?

本書のゲラを読んで「大ファンになりました!」と仰った作家・松田青子さんをゲストに、語りつくします。

プロフィール

チョン・ソヨン

「(C)ONEUL」

チョン・ソヨン

1983年馬山生まれ。
ソウル大学で社会福祉学と哲学を専攻。
大学在学中、ストーリーを担当したマンガ『宇宙流』が2005年の〈科学技術創作文芸〉公募で佳作を受賞し、
作家としてのスタートを切った。
小説執筆と併行して英米のフェミニズムSF小説などの翻訳も手がけている。
2017年には他の作家とともに〈韓国SF作家連帯〉を設立し、初代代表に就任した。
また、社会的弱者の人権を守る弁護士としても活動中。

松田青子

松田青子

まつだ・あおこ

1979年兵庫県生まれ。作家、英日翻訳家。同志社大学文学部英文学科卒業。
2013年、デビュー作『スタッキング可能』が三島由紀夫賞及び野間文芸新人賞候補に、14年Twitter文学賞第一位となる。
19年『ワイルドフラワーの見えない一年』収録の「女が死ぬ」(翻訳:ポリー・バートン)がアメリカのシャーリィ・ジャクスン賞短編部門の候補となる。
その他の著書に『英子の森』『おばちゃんたちのいるところ』など、翻訳書にカレン・ラッセル『狼少女たちの聖ルーシー寮』『レモン畑の吸血鬼』、アメリア・グレイ『AM/PM』、ジャッキー・フレミング『問題だらけの女性たち』などがある。

準備中

吉川凪

よしかわ・なぎ

大阪市生まれ。新聞社勤務を経て韓国に留学し、仁荷大学国文科大学院で韓国近代文学を専攻。文学博士。
キム・ヨンハ『殺人者の記憶法』(クオン)の翻訳で、第4回日本翻訳大賞を受賞した。
著書に『京城のダダ、東京のダダ――高漢容と仲間たち』など、
訳書にチョン・セラン『アンダー、サンダー、テンダー』、崔仁勲『広場』(以上クオン)など多数。