イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

概要

日程
2019年5月16日 (木)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,500円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

2019年5月16日 (木)

刊行記念

『絵画へ 1990-2018美術論集』刊行記念

「移住とアートと出版」
母袋俊也 × 中村暁野 × 來嶋路子 トークイベント 司会:志賀信夫

東京造形大学で長く教鞭を執った美術家母袋俊也。創作のみならず絵画研究で知られていますが、その著作を集大成した美術論集が完成しました。
母袋は早くから地域の自然の中で創作を行い、それは作品や思索に反映されています。そして娘の中村暁野は、デザイナーの夫、中村俵太と地域(田舎)に暮らし、2015年に「家族と一年誌『家族』」を刊行して話題になりました。
元『みづゑ』編集長、美術手帖副編集長の來嶋路子は、北海道に移住し、ミチクル編集工房を営み、エコビレッジ活動をしています。
この三人に、家族と生活、地域=田舎暮らしとアート、出版について、その魅力を語っていただきます。

プロフィール

母袋俊也

母袋俊也

もたい・としや

1954年長野県生まれの画家。東京造形大学教授(2019年まで)。1978年、東京造形大学絵画専攻卒業。1983年、旧西ドイツ、フランクフルト美術大学絵画・美術理論科でライマー・ヨヒムス教授に学ぶ。1987年までドイツで活動。帰国後「フォーマートと精神性」をテーマに制作展開する。個展、2006年「風景・窓・絵画 アーティストの視点から:母袋俊也の試み」埼玉県立近代美術館(常設展特別展示)、2017年「母袋俊也 Koiga-Kubo 1993/2017 そして〈Qf〉」奈義町現代美術館、国内外で多数。著書『絵画のための見晴らし小屋』(BLUE ART)、『母袋俊也 絵画』(BLUE ART)、共著『成田克彦「もの派」の残り火と絵画への希求』東京造形大学現代造形創造センター。
http://www.toshiya-motai.com/

中村暁野

中村暁野

なかむら・あきの

家族と一年誌「家族」編集長。1つの家族を1年間にわたって取材し、1冊まるごと一家族をとりあげるというコンセプトの雑誌を夫と2人の子供と共に制作している。夫とのすれ違いと不仲の解決策や自身の社会との関わりについて考えるうちに「家族」の創刊に至った。家族をテーマにしたエッセイやコラムの執筆も行う。北欧、暮らしの道具店にて「ケの日のこと」アノニマスタジオwebで「ケンカのあとは一杯のお茶」連載中。
http://kazoku-magazine.com

來嶋路子

來嶋路子

くるしま・みちこ

東京都出身。1994年に美術出版社で働き始め、『みづゑ』編集長、『美術手帖』副編集長など。2011年に北海道へ移住し、2015年アートやデザインの本づくりを行う「ミチクル編集工房」設立。2018年夏に「森の出版社ミチクル」をスタート。小さな絵本『ふきのとう』など、北海道の自然やそこに生きる人々をテーマにした本づくりを行っている。現在、マガジンハウスのウェブサイト「colocal」でエコビレッジ奮闘記を連載中。
◆「コロカル」(マガジンハウス)連載中。第2第4木曜更新
http://colocal.jp/category/topics/lifestyle/ecovillage/
http://michikuru.com/

書籍情報

書影準備中

『絵画へ 1990-2018美術論集』

母袋俊也/著
体裁:A5版上製、448頁、内カラー16頁 本体:3800円+税
ISBN978-4-8460-1801-6 C0071(美術)

ゲーテ、ボイス、クレー、デュシャン、イコン、障屏画、フォーマート
冷戦時のドイツに学び作品を発表、美術研究を続ける美術家。その30年に及ぶ美術・絵画研究の集大成。水沢勉、林道郎、本江邦夫、梅津元など一級の美術家、美術研究者との対話では、美術と母袋の作品がスリリングに語られる。