イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2018年11月14日 (水)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2018年11月14日 (水)

刊行記念

『文字組デザイン講座』(誠文堂新光社) 刊行記念

「文字組って何だ?」
工藤強勝 トークイベント
聞き手:宮後優子(Book&Design)

常に実験、検証を繰り返し、研鑽の限りを尽くした精緻なグラフィックデザインで、見る者の感性を揺さぶる工藤強勝。2012年より、『デザインノート』誌上にて、工藤流の「文字組方法論」をあらゆる角度から解説する『文字組デザイン講座』を連載開始。この度、その連載を大幅に加筆修正し1冊の書籍として完結しました。この書籍に収録された数多のレイアウトの指定紙には、文字、文字組に真摯に向き合い思考し続けた工藤の夥しい時間が漂い、文字組みのロジックを視覚的に捉えられるだけでなく、緻密かつ美しく優れたグラフィックデザインの設計の妙に驚かされます。
トークショウでは、同書からあまりの質の高さに、一見読み取ることができない、いかに文字を配置するかという原点的な手法や、現場でのデザインワークの進め方、デザイナーとしての審美眼の鍛え方などを、自身の事務所だけでなく美術大学などで学生や若いデザイナーと向き合う中で磨かれた指導力を持って、力強く、わかりやすくお伝えします。
もうひとつ上の文字組により、デザインの質を向上させたい、あるいは、デザインの道を歩みだしたデザイナー、アートディクレターの方々のご参加を期待しています。
終了後、サイン会も開催いたします。

プロフィール

工藤強勝 graphic designer

工藤強勝 graphic designer

Kudo Tsuyokatu

グラフィックデザイナー。1973年桑沢デザイン研究所修了。1976年デザイン実験室設立。雑誌・書籍のアート・ディレクションや展覧会のポスター・図録デザインを手がけるほか、グラフィック、タイポグラフィ、ブックデザインの評論を著す。1995~2006年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科講師を経て、2006~13年首都大学東京大学院システムデザイン研究科教授、~14年客員教授。著書・監修書に『編集デザインの教科書〈第4版〉』、『デザイン解体新書』、『書物の時空』など。1999年第7回桑沢賞。2017年度(第48回)「講談社出版文化賞 ブックデザイン賞」受賞など。

書籍情報

『文字組デザイン講座』

『文字組デザイン講座』

工藤強勝著
誠文堂新光社 刊
A4変形判(285×220mm) 160ページ
本体価格 2400円+税

2012年よりデザインノートで連載した「文字組デザイン講座」を再構成し、
大幅に加筆修正して工藤流の「文字組方法論」を多角的に解説した一冊。
連載時はプロのグラフィックデザイナーが対象だったが、
書籍化にあたり再編集を行い、ビギナーにもわかりやすい構成で組み直すことになりました。
「第1章:文字について」は、文字のデザイン手法を豊富な事例と指定紙などから解説しています。
「第2章:表まわりについて」は、造本の仕組みと書籍における文字組の活用ルールなどの効用を説明。
「第3章:フォーマットについて」は、エディトリアル・デザインには不可欠なフォーマットの設計方法を事例に応じて考察している。「第4章:本文の組版について」は、本文組版の基礎から情報整理と文字組の重要性などを検証しています。

本書を隈なく紐解くことにより、グラフィックデザイナーとしての文字組の知識やスキルが確実にアップするプロ必携の一冊です。