イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

概要

日程
2020年11月27日 (金)
時間
19:00~20:30
料金
1,320円(税込)
定員
300名様
会場
※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。

2020年11月27日 (金)

刊行記念

『海をあげる』刊行記念

「言葉を失ったあとに――ひとの言葉を聞くとはどういうことか」
上間陽子 × 信田さよ子トークイベント

上間陽子さんのエッセイ集『海をあげる』の刊行を記念して、信田さよ子さんとのトークイベントを開催します。

『海をあげる』は、沖縄での自身の生活について、2018年12月14日の辺野古への土砂投入の日から1年あまりにわたって書かれたものです。言葉を失うような現実を前にして、上間さんは「自分の声を聞きとるような日々でした」と振り返っています。

子どもの成長、暴力、沖縄の歴史――。本書のテーマは多岐にわたりますが、全体を貫くひとつのモチーフとして「聞く」という行為があります。前著『裸足で逃げる』では沖縄の風俗業界で働く女性たちの声を聞くことが主題でしたが、今作では範囲を広げて、生活全般に響く声を聞いていたという気もします。

信田さよ子さんは、日本の依存症臨床を牽引してきた方で、「ひとの言葉を聞く」ことの専門家です。そんな信田さんに、上間さんのお話を聞いていただくというたいへん贅沢なイベントです。

お二人は、今回が初顔合わせになります。どうぞ、ご期待ください。

※WEB会議ツール「Zoom」を使用して実施します。passmarket-master@mail.yahoo.co.jp (配信専用アドレス)より前日21時過ぎと当日17時過ぎにウェビナー登録のURLをお送りします。どちらかで登録をお願いいたします。(URLの共有は禁止いたします。)
※インターネットに接続したパソコンや、タブレット端末、スマートフォンが必要になります。
※スマートフォン、タブレット端末の場合、事前に「Zoom」のアプリダウンロードが必要です。

プロフィール

上間陽子

上間陽子

うえま・ようこ

琉球大学教育学研究科教授。著作に『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』(太田出版)、共著に『地元を生きる 沖縄的共同体の社会学』(ナカニシヤ出版)など。

信田さよ子

信田さよ子

のぶた・さよこ

原宿カウンセリングセンター所長、公認心理師・臨床心理士。著作に『後悔しない子育て』(講談社)、『性なる家族』(春秋社)、『カウンセラーは何を見ているか』(医学書院)など。

書籍情報

『海をあげる』

『海をあげる』

上間陽子/著
1,600円+税

「海が赤くにごった日から、私は言葉を失った」
痛みを抱えて生きるとは、こういうことなのか。言葉に表せない苦しみを聞きとるには、こんなにも力がいるのか。
おびやかされる、沖縄での美しく優しい生活。 幼い娘を抱えながら、理不尽な暴力に直面してなおその目の光を失わない著者の姿は、連載中から大きな反響を呼んだ。ベストセラー『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』から3年、身体に残った言葉を聞きとるようにして書かれた初めてのエッセイ集。

「生きていることが面倒くさい日々が私にあったことは、若い女の子の調査の仕事をしていると、どこかで役に立っているように思う。(……)
あれからだいぶ時間がたった。新しい音楽はまだこない。それでもインタビューの帰り道、女の子たちの声は音楽のようなものだと私は思う。だからいま私は、やっぱり新しい音楽を聞いている。
悲しみのようなものはたぶん、生きているかぎり消えない。それでもだいぶ小さな傷になって私になじみ、私はひとの言葉を聞くことを仕事にした。」
(「美味しいごはん」より)