イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2017年2月18日 (土)
時間
14:00~15:30
開場13:30
料金
1,080円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~18:00)
受付時間短縮中

2017年2月18日 (土)

刊行記念

『家族最後の日』(太田出版) 刊行記念

「家族をめぐる対話」
植本一子×窪美澄トークイベント

前作『かなわない』から1年。植本一子さんの著作『家族最後の日』が刊行されます。母と義弟をめぐるふたつのエッセイ、2016年の8月末~10月中旬までをつづった日記で構成される本書は、植本さんの生きた軌跡です。

今回のイベントでは、『ふがいない僕は空を見た』や『すみなれたからだで』などの著作のある小説家の窪美澄さんをお招きし、お二人にとっての「家族」について、そして母と娘の関係、日々をどのように見つめて生きているかなど、率直にお話しいただきます。
ご期待ください。

イベント終了後、お二人のサイン会も行います。

植本一子

植本一子

うえもといちこ

一九八四年広島県生まれ。二〇〇三年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞、写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活躍中。著書に『かなわない』(タバブックス)、『働けECD――わたしの育児混沌記』(ミュージック・マガジン)がある。

ホームページ http://ichikouemoto.com/

窪美澄

撮影=ホンゴユウジ

窪美澄

くぼみすみ

1965年生まれ、小説家。2009年「ミクマリ」で第8回R-18文学賞大賞を受賞し小説家デビュー。2011年、受賞作を収録した『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)で第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位。2012年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞受賞。最新刊は、『すみなれたからだで』(河出書房新社)。

書籍情報

『家族最後の日』書影

『家族最後の日』

植本一子
太田出版
1700円+税

母との絶縁、義弟の自殺、夫の癌――。
写真家・植本一子が生きた、懸命な日常の記録。

『すみなれたからだで』書影

『すみなれたからだで』

窪美澄
河出書房新社

焼夷弾が降り注ぐ戦中の東京で真智子が過ごした峻烈なる一夜、沈みゆく昭和末に文が養父から教えられた喜び……時代を超え、生きることに通底する痛みと輝きを凝視する短篇集。