イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2016年5月1日 (日)
時間
14:00~15:30
開場 13:30~
料金
1,080円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~18:00)
受付時間短縮中

2016年5月1日 (日)

刊行記念

『かなわない』(タバブックス) 刊行記念

「自分の書くものに正直であること」
植本一子 × 末井昭 トークイベント

uemoto-suei-main1

写真家・植本一子が2月に上梓した『かなわない』は、育児、家族、苦悩や葛藤の日々を書き綴り、その生々しさ、切実さに衝撃とともに静かな共感を呼んでいます。

刊行にあたって、植本さんの希望で末井昭さんに帯文をお願いしました。末井さんの『自殺』に感銘を受けた植本さんの「自分の書くものに正直であること、経験することを恐れないことを、スエイさんの文章から教わりました」というお手紙とともに本文を読んだ末井さんは、「読みだしたらとまらない ただ日常が続くだけなのに なんでこんなに面白いのだろうか」という文章を寄せてくださいました。

uemoto-suei-main2
自分の書くものに正直であること、日常を書くこと、それが読み手の心にひびくのはなぜか。おふたりにとって文章を書くとはどういうことなのか。じっくりとお話しいただきます。どうぞご期待ください。

終了後、おふたりのサイン会も開催いたします。

植本一子

植本一子

うえもと・いちこ

1984年広島県生まれ。2003年にキヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞。写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等広く活躍中。著書に『働けECD〜わたしの育児混沌記』(ミュージック・マガジン)がある。

末井昭

末井昭

すえい・あきら

1948年、岡山県生まれ。工員、キャバレーの看板描き、イラストレーターなどを経て、セルフ出版(現・白夜書房)の設立に参加。『ウィークエンドスーパー』、『写真時代』、『パチンコ必勝ガイド』などの雑誌を創刊。2012年に白夜書房を退社、現在はフリーで編集、執筆活動を行う。2014年、『自殺』(朝日出版社)で第30回講談社エッセイ賞受賞。

書籍情報

『かなわない』

『かなわない』

植本一子
1700円+税
タバブックス

育児日記『働けECD』から5年。写真家・植本一子が書かずにはいられなかった、家族、母、生きづらさ、愛。すべての期待を裏切る一大叙情詩。

『自殺』

『自殺』

末井昭
1,600円+税
朝日出版社

母親のダイナマイト心中から約60年——衝撃の半生と自殺者への想い、「悼む」ということ。伝説の編集者がひょうひょうと丸裸で綴る。笑って脱力して、きっと死ぬのがバカらしくなります。

編集ブログで書籍のまえがきを公開中
末井昭『自殺』まえがき