イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2017年11月22日 (水)
時間
19:00~20:30
開場18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年11月22日 (水)

刊行記念

『ウォークス 歩くことの精神史』(左右社) 刊行記念

「歩くことで見えてくるもの」
石川直樹 × 石戸諭 × 東辻賢治郎トークイベント

ふと名案が浮かんだり、動揺していた気持ちが落ち着いたり。歩くことが私たちの気持ちのあり方に深く関わっているのは、誰しもが納得できることでしょう。この夏翻訳刊行されたレベッカ・ソルニット『ウォークス 歩くことの精神史』は人類学、宗教、文学、芸術、レジャー、都市論など、広大なジャンルをフィールドに、〈歩くこと〉と思考と文化の結びつきを描き出します。

このたびお招きするのは、エベレストをはじめとする世界中の高峰から、国東半島や新潟、知床半島などの日本の土地まで、あらゆる場所を旅しながら作品を発表し続ける写真家・石川直樹さん。そして東北からチェルノブイリへーー土地土地を歩き「2011年3月11日」からを生きる人びとの物語を描いたノンフィクション『リスクと生きる、死者と生きる』を刊行したジャーナリストの石戸諭さん。歩くことでどんな風景が広がってゆくのか。さまざまな土地を旅し、歩いてきたお二人とともに、〈歩くこと〉が作品や取材にどのように結びついているか、大部な本書をどのように読んだのか、翻訳者の東辻賢治郎さんを交えて自由に語り合っていただきます。

プロフィール

石川直樹

石川直樹

いしかわ・なおき

1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『知床半島』(北海道新聞社)『DENALI』(SLANT)、著書『ぼくの道具』(平凡社)がある。現在、千葉・市原湖畔美術館にて個展『この星の光の地図を写す』開催中。

石戸諭

石戸諭

いしど・さとる

1984年生まれ、東京都出身。2006年立命館大学法学部卒業、同年に毎日新聞入社。岡山支局、大阪社会部、デジタル報道センターを経て、2016 年1月にBuzzFeed Japan に入社。2017年に著書『リスクと生きる』(亜紀書房)を刊行。

準備中

東辻賢治郎

とうつじ・けんじろう

1978年生まれ。翻訳家、建築・都市史研究。関心領域は西欧初期近代の技術史と建築史、および地図。

書籍情報

『ウォークス 歩くことへの精神史』

『ウォークス 歩くことへの精神史』

レベッカ・ソルニット/著 4,500円+税 歩きながら『人間不平等起源論』を書いたルソー。病と闘う知人のためにミュンヘンからパリまで歩き通したヘルツォーク。釈放されるとその足でベリー摘みに向かったソロー。不正と抑圧を大行進によって告発したキング牧師。二足歩行の起源に始まり、巡礼、登山、都市の時代、そしてポスト工業化社会へ、〈歩くこと〉が人類史の広大なフィールドで思考と文化に深く結びつき、 創造力の源泉となっていることを解き明かす。レベッカ・ソルニットの歴史的傑作。 左右社