イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年11月9日 (土)
時間
18:00~19:30
開場 17:30~
料金
1,540円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年11月9日 (土)

刊行記念

川内倫子写真集『When I was seven.』(HeHe) 刊行記念

川内倫子 × 坂本美雨 トークイベント

ファッション・ブランド、アニエスベーの「カーディガンプレッション」の40周年を記念して撮り下ろされた川内倫子さんの写真集は、自身の愛娘をモデルに撮影された前編と、40年前の7歳だった自分を回想するように組まれた後編で構成されています。この写真集の発売を記念して、以前から交流のある音楽家の坂本美雨さんをお迎えし、お互いに娘を持ちながら創作活動をする女性として、また、それぞれの幼少期のお話などを、たっぷりと語り合っていただきます。

プロフィール

川内 倫子

©Arnoldas Kubilius

川内 倫子

1972年、滋賀県生まれ。写真家。2002年、『うたたね』『花火』で第27回木村伊兵衛写真賞受賞。2009年に第25回ICPインフィニティ・アワード芸術部門を受賞するなど、国際的にも高い評価を受け、国内外で数多くの展覧会を行う。主な個展に、2012年「照度 あめつち 影を見る」東京都写真美術館、2016年「川が私を受け入れてくれた」熊本市現代美術館などがある。著作は写真絵本『はじまりのひ』(2018年)、作品集『Halo』(2017年)など多数。
rinkokawauchi.com

坂本美雨

坂本美雨

1980年生まれ。東京、ニューヨーク育ち。音楽家。1997年、Ryuichi Sakamoto featuring Sister Mとして歌手デビュー。1998年ミニアルバム『aquascape』を発売、1999年、 映画「鉄道員」の主題歌「鉄道員(TETSUDOIN)」をリリース。同年フルアルバム『Dawn Pink』を発売し、本格的に音楽活動を開始。以降、精力的に活動する。ソロ活動に加え、シンガーソングラーターのおおはた雄一氏とのユニット「おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)」として多くの音楽フェス等にも出演。音楽に留まらず、ラジオのパーソナリティー、作詞、翻訳、ナレーション、俳優など、多岐に渡って活躍中。
https://www.miuskmt.com/

書籍情報

写真集『When I was seven.』

写真集『When I was seven.』

川内倫子/著
2,800円+税

不動の人気を博すファッション・ブランド、アニエスベーのアイコニックアイテム「カーディガンプレッション」の40周年を記念して撮り下ろされた写真集は、自身の愛娘をモデルに撮影された前編と、40年前の7歳だった自分を回想するような後編から構成されています。ひとりの女性の40年間という愛おしい時間が、過去と未来が交錯するなかで、ときに穏やかに、ときに躍動的に綴られる物語となりました。

HeHe / ヒヒ
http://hehepress.com/wheniwasseven/