イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

オンライン受付

下記の規約をご確認のうえ、予約ページに移動してお申し込みください。お支払い方法はクレジットカードのみとなります。

イベントご参加にあたっての規約

お申込について

  • イベントのオンライン予約に会員登録いただく際、または電話予約をいただく際、必ず伝達可能なご連絡先(携帯番号やPCメールアドレス等)をご登録ください。ご本人様と直接連絡がつかない場合は、緊急の連絡ができないことがございますので、最新の情報を正確にご登録いただけますようお願い致します。
  • 申込のお手続きは、ご予約後、ご入金をもって完了となります。

個人情報の取り扱いについて

ご入金について

  • 受講費用は前納制です。
  • オンライン予約によるイベント代金は、前納制・クレジット決済のみとなります。

キャンセルについて

  • いったん納入いただいたイベント予約代金は原則払い戻しいたしません。

ご参加上の注意

  • お客様の都合でイベントを欠席された場合、いかなる理由であってもイベント代金の払い戻しは致しかねます。
  • イベント時の写真撮影・録画・録音はご遠慮ください。
  • イベント会場内での食事はお控えください。
  • イベント会場内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
  • イベント会場内にて発生した盗難、ならびにご本人の不注意または心身障害等による事故、その他の物的事故等については、賠償の責を負いません。
  • イベント会場内での参加者による物品販売や勧誘、金品の授受・貸し借りは固くお断りします。トラブル等があっても当社は責を負いません。
  • イベント会場内にて、イベントに支障をきたす行為、他の参加者に迷惑をかけるような行為、または違法と判断する行為があった場合は、イベントご参加をお断りすることがございます。

イベントチケットについて

  • ご予約いただく際、チケットの発券・発送はございません。
  • チケットはイベント開催当日、受付完了のお客様にお渡し致します。再入場確認の際に必要となりますので、終演まで必ずお手元にお持ちください。

イベントについて

  • イベント開催までに満席となった場合、当日券の発行・キャンセル待ちは行いません。
  • イベント当日のお席については、先着順の自由席になります。
  • イベント開催中に災害が発生した場合には、会場立会いスタッフが誘導いたします。
  • イベント開催日、出演者、内容は変更になる場合もございますので、予めご了承ください。

中止・延期について

  • 出演者の都合またはやむを得ぬ事由により、イベントを中止・延期する場合がございます。
  • 交通機関のストライキ・遅延、天変地異などやむを得ない事情で中止・延期する場合がございます。
  • 中止・延期の場合、交通費などの補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 出演者の急病や交通機関の遅れ等により中止・延期となる場合は、当社より緊急に連絡を差し上げることがございます。登録の連絡先に変更があった場合は、オンライン予約登録の会員情報をお客様ご自身にて更新していただけるようお願い致します。電話予約イベントで、お申込の電話番号に変更があった場合には、ご予約いただいた店舗にご連絡いただけますようお願い致します。
上記の規約に同意する。

店頭受付

イベント開催店舗の店頭レジにて受付いたします。申込時に代金をお支払い頂きます。

概要

日程
2017年4月27日 (木)
時間
19:00~20:30
開場 18:30
料金
1,350円(税込)
定員
50名様
会場
本店内 小教室

お問合せ先

青山ブックセンター 本店

電話
03-5485-5511
受付時間
10:00~22:00

2017年4月27日 (木)

刊行記念

『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』(誠文堂新光社) 刊行記念

三宅隆太×切通理作 トークイベント

3月に、自身としては初めてとなる映画コラム集『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』(誠文堂新光社)を上梓した三宅隆太さん。

本書では、劇場公開されずDVDとして販売、レンタルされている作品にも、魅力的な作品はたくさんある! をテーマに、映画好きなら知らなくてはあまりにも勿体ない「掘り出しもの」を紹介。映画監督にして脚本家、スクリプトドクターの三宅さんならではの視点で、その作劇や演者の仕事ぶり等々……徹底的に掘り下げていきます。

今回は、文化批評や映画批評の分野で活躍しながら、ご自身も現在初映画監督作品を製作中である評論家の切通理作さんをゲストにお招きし、劇場未公開映画の魅力や愉しみ方から、映画評論について、また映画づくりについて等々…、おふたりの「映画」への向き合いかたをたっぷり語り合っていただきます。

プロフィール

三宅隆太

三宅隆太

みやけ・りゅうた

脚本家・映画監督・スクリプトドクター・心理カウンセラー。

1972年東京生まれ。大学在学中に若松プロダクションの助監督になり、その後フリーの撮影・照明助手として映画、TVドラマ等に多数参加。ミュージックビデオのディレクターを経由して脚本家・監督に。
日本では数少ないスクリプトドクターとして国内外の映画企画に多数参加する傍ら、東京藝術大学大学院をはじめ各種大学やシナリオ学校等で教鞭も執っている。TBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』での映画談義も好評で、リスナーから厚い支持を集めている。
主な作品に、映画『ホワイトリリー』『劇場霊』『クロユリ団地』『七つまでは神のうち』『呪怨 白い老女』など。TVドラマ『劇場霊からの招待状』『クロユリ団地〜序章』『世にも奇妙な物語』『女子大生会計士の事件簿』『古代少女ドグちゃん』『恋する日曜日』『時々迷々』ほか多数。

切通理作

切通理作

きりどおし・りさく

1964年東京都生まれ。文化批評。和光大学卒。編集者を経て1993年『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』(宝島社/のちに増補版を洋泉社より刊行)を著わす。以後、著書『お前がセカイを殺したいなら』、『山田洋次の<世界>』、『本多猪四郎 無冠の巨匠』ほか、映画、コミック、音楽、文学、社会問題をクロスオーバーした著作を多数刊行。最新刊『怪獣少年の<復讐>70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)。
映画作家研究として『宮崎駿の〈世界〉』(ちくま新書/のちに増補して文庫化)でサントリー学芸賞受賞。2013年12月より、日本映画批評メルマガ『映画の友よ』(夜間飛行)を配信中。

書籍情報

『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』

『これ、なんで劇場公開しなかったんですか?』

三宅隆太/著
1,500円+税

世の中には「このままではなかったことにされてしまうかもしれない映画」があります。それが「劇場未公開映画」。毎月、レンタルショップには何十本というDVD作品が入荷され、話題作以外、特に劇場公開されなかった作品は、そのまま誰の目にも触れないまま棚の隅に追いやられ、最後には廃棄、またはレンタル落ちとしてワゴンセールされてしまうのが現状。しかし、そんな中にも、「面白い」作品は数多くあるのです。

本書では、そんな劇場未公開作品をとりあげ、それが「いかに面白いのか」を解説。レンタルショップで埋もれてしまうにはあまりにももったいない「掘り出しもの」を、「どこが」「なぜ」良いのか、映画監督にして脚本家、そしてスクリプトドクターとしても現在活躍中の著者が、アカデミックかつユーモラスに徹底紹介。B級作品から文芸作品まで、劇場未公開映画の愉しみ方を伝授します。

あなたの「生涯の一本」は、劇場未公開映画にあるかもしれない!

※本書はよみもの.comにて連載した内容に加筆、修正を加えたものです。

誠文堂新光社