イベント申込方法

申込みの前に必ず、参加規約をお読み下さい。

当日券情報

当日券を販売しております。

参加ご希望の方は開場時間になりましたら直接会場にお越しください。
お問い合わせはお電話で承ります。
ご来場お待ちしております。

オンライン受付

終了

店頭受付

概要

日程
2019年3月23日 (土)
時間
18:00〜19:30
開場 17:30〜
料金
1,350円(税込)
定員
110名様
会場
本店 大教室

2019年3月23日 (土)

刊行記念

『ぼくはきっとやさしい』『私と鰐と妹の部屋』刊行記念

町屋良平 × 大前粟生 トークイベント
「言葉と言葉じゃないものを見つめる」

言葉を口から出すときのためらいを丁寧に観察し、魔法のような文章で青春や恋愛、弱さを描き出してきた町屋良平。芥川賞受賞作『1R1分34秒』では人生に厭きたプロボクサー、最新刊『ぼくはきっとやさしい』では全力で恋をする「メンヘラ男子」が主人公だ。
一方、大前粟生のデビュー短篇集『回転草』では西部劇で転がる草のかたまりが語り出し、最新刊『私と鰐と妹の部屋』でも鋭い刃のような53の奇想が描かれる。主人公たちは素朴な感情をたくさん口にするけれど、肝心なところでは言葉を失ってしまい、それが切実さを醸し出す。
町屋と大前の小説が重なり合うところにある「言葉へのためらい」。それがどのような物語を小説家に書かせ、そして書かせないのか。
ともに2016年にデビューした気鋭の小説家が、お互いの著書や小説を書くこと、小説を読むことの魅力をたっぷりと語ります。

プロフィール

町屋良平

撮影:小原太平

町屋良平

まちや・りょうへい

1983年東京都台東区生まれ。埼玉県越谷市育ち。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。2018年「1R1分34秒」で第160回芥川龍之介賞受賞。小さき小説家。
〈書籍〉『青が破れる』『しき』『1R1分34秒』『ぼくはきっとやさしい』

大前粟生

大前粟生

おおまえ・あお

1992年兵庫県生まれ。京都市在住。2016年、「彼女をバスタブにいれて燃やす」がGRANTA JAPAN with 早稲田文学公募プロジェクト最優秀作に選出され小説家デビュー。「ユキの異常な体質 または僕はどれほどお金がほしいか」で第二回ブックショートアワード受賞。「文鳥」でat home AWARD大賞受賞。著書に『のけものどもの』(惑星と口笛ブックス)、『回転草』(書肆侃侃房)、『私と鰐と妹の部屋』(書肆侃侃房、3月中旬発売)。写真は5歳の頃です。