イベント申込方法

受付は終了いたしました。

概要

日程
2019年2月21日 (木)
時間
19:00~20:30
開場 18:30~
料金
1,350円(税込)
定員
50名様

2019年2月21日 (木)

刊行記念

『My Little New York Times』刊行記念

「アメリカで書く、日本で書く」
佐久間裕美子 × 武田砂鉄 トークイベント

昨年末、My Little New York Timesを上梓された佐久間裕美子さんが、ゲストに武田砂鉄さんをお招きして、ライターとして様々な記事を書く上で感じてきた、時代の空気感や、これからの時代に広がる無関心の罪について語り合います

プロフィール

佐久間裕美子

佐久間裕美子

さくま・ゆみこ

ニューヨーク在住歴20年。政治経済や社会問題から、ファッション、ライフスタイルまで幅広いトピックスについて執筆する。著書に『ヒップな生活革命』(朝日出版社)、『ピンヒールははかない』(幻冬舎)、翻訳書に『テロリストの息子』(朝日出版社)。

武田砂鉄

武田砂鉄

たけだ・さてつ

1982年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年秋よりフリーライターに。著書に『紋切型社会──言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社、第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)、『芸能人寛容論──テレビの中のわだかまり』(青弓社)、『コンプレックス文化論』(文藝春秋)など。最新刊は『日本の気配』(晶文社)。

書籍情報

『My Little New York Times』

『My Little New York Times』

佐久間裕美子/著

1,850円+税

NY在住20年のライター・佐久間裕美子が2017年7月5日から365日書き続けた日記を編集し、まとめた一冊。ドナルド・トランプの大統領就任をきっかけに激動するアメリカ、日本、世の中の流れへの思いと、その日常を描く。
出版社「NUMABOOKS」内に新しく立ち上がるレーベル「伊藤総研+NUMABOOKS」の記念すべき第1冊目の本でもある。

NUMABOOKS