概要

日程
2018年7月18日 (水) 〜 
2018年8月7日 (火)
時間
10:00~22:00 *最終日は19:00まで
料金
無料
会場
本店・ギャラリースペース

お問合せ先

青山ブックセンター 本店
03-5485-5511 (10:00~22:00)

京極夏彦のえほん遠野物語(第二期)刊行記念原画展

 

百年を超えて語り継がれる「怪談の原点」が絵本でよみがえる・・・・・・。
京極夏彦の新たな語りに導かれ、一流の画家・イラストレーターがあやしく美しく描き出しました。
油絵・アクリル・パステル・・・・・・。さまざまな画材、技法で描かれた4作の原画が一度に見られる機会は極めて貴重です。
ぜひ、じっくりとご覧下さい。

 

プロフィール

準備中

柳田国男

やなぎた・くにお

1875年、兵庫県生まれ。1900年、東京帝国大学法科大学卒。農商務省に入り、法制局参事官、貴族院書記官長などを歴任。35年、民間伝承の会(のち日本民俗学会)を創始し、雑誌「民間伝承」を刊行、日本民俗学の基礎を確立。51年、文化勲章受章。62年、没。著書に『遠野物語』『山の人生』『妖怪談義』『海上の道』ほか多数。

準備中

京極夏彦

きょうごく・なつひこ

1963年生まれ。北海道小樽市出身。世界妖怪協会、お化け友の会・代表代行。古典遊戯研究会紙舞会員。お化け大學校・水木しげる学部教授。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞長編部門、1997年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花賞受賞。2000年桑沢賞受賞。2003年 『覘き小平次』で山本周五郎賞受賞。2004年『後巷説百物語』で直木賞受賞。2011年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞受賞。2016年『遠野物語remix』『遠野物語拾遺retold』『えほん遠野物語』などの実績で遠野文化賞受賞。絵本に怪談えほん『いるの いないの』(絵:町田尚子)、妖怪えほん『うぶめ』(絵:井上洋介)『つくもがみ』(絵:城芽ハヤト)など。

準備中

中野真典

なかの・まさのり

兵庫県小野市生まれ。大阪芸術大学卒業。保育士勤務を経て、作家活動に入る。京都・大阪・東京を中心に精力的に展覧会を行っている。絵本に『どもるどだっく』『たべたあい』『ほんとだもん』『くんじくんのぞう』(以上、文・高山なおみ)『おもいで』(作・内田麟太郎)『りんごちゃん』『おはなしトンネル』『もう いいかい』『かかしのしきしゃ』『ほのちゃん』など。

準備中

伊野孝行

いの・たかゆき

イラストレーター。1971年生まれ。三重県津市出身。東洋大学卒業。セツ・モードセミナー卒業。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。2013年講談社出版文化賞さし絵賞受賞。2015年紙芝居『ごん助じいさまとえんま大王』(作:わしおとしこ)で高橋五山賞受賞。著書に『ゴッホ』『こっけい以外に人間の美しさはない』『画家の肖像』、絵本に『おべんとうをたべたかったおひさまのはなし』(作:本田いづみ)、テレビアニメに『オトナの一休さん』(作:ふじきみつ彦)がある。

準備中

軽部武宏

かるべ・たけひろ

1969年、東京都に生まれる。画家。第2回岡本太郎記念現代芸術大賞展出品。個展、グループ展にて作品を発表している。『のっぺらぼう』(作:杉山亮)で第16回日本絵本賞及び読者賞、『ばけバケツ』で第23回日本絵本賞を受賞。絵本に『大接近!妖怪図鑑』『大出現!精霊図鑑』、『まんげつのこどもたち』、『ながぐつボッチャーン』など。

準備中

はたこうしろう

1963年兵庫県生まれ。絵本作家、イラストレーター、デザイナーとして活躍。絵本の作品に『しりとりあいうえお』『なつのいちにち』『ぼくはうちゅうじん』、「クーとマーのおぼえるえほん」シリーズ、中川ひろたかとの「ショコラちゃん」シリーズ、「おとうさんもういっかい」シリーズ、「えほん図鑑へんてこ!」シリーズなど多数。

書籍情報

えほん遠野物語 おいぬさま

えほん遠野物語 おいぬさま

柳田国男/原作 京極夏彦/文 中野真典/絵

定価:1,500円+税

汐文社

えほん遠野物語 おしらさま

えほん遠野物語 おしらさま

柳田国男/原作 京極夏彦/文 伊野孝行/絵

定価:1,500 円+税

汐文社

えほん遠野物語 ごんげさま

えほん遠野物語 ごんげさま

柳田国男/原作 京極夏彦/文 軽部武宏/絵

定価:1,500 円+税

汐文社

えほん遠野物語 でんでらの

えほん遠野物語 でんでらの

柳田国男/原作 京極夏彦/文 はたこうしろう/絵

定価:1,500 円+税

汐文社