概要

日程
2019年3月19日 (火) 〜 
2019年4月3日 (水)
時間
10:00~22:00
最終日のみ19:00まで
料金
無料
会場
本店・ギャラリースペース

吉河千尋 写真展『PAIN CHRISANTEMO -Optimistic 楽観的-』

身体の血の巡りを塞ぎとめるように時計の針を刺していく。点と点を繋げ、まるで1つの形を作り出す。
黒い瞳孔、吐息が細くなった頃、またこの場所へたどり着く。

 自由なる海という名の森。

そこは迷い、恐れ、嫉妬、自己否定、消滅、再生、解放と教えてくれる。
そして差し込む光を見つけたとき、人々は楽観的に踊り出す。
 ーーーーー

現代の人と人の繋がり方や存在のプログラム化のように構築される人間、暖かく鼓動が鳴る繋がりで自分という人間を保つ場所。その2つの空間のどちらに歩いて行くか?

展示会場から一歩出た時の気持ちもこの展示の一部として、楽しんで見ていだだきたいです。

プロフィール

吉河千尋

吉河千尋

東京出身

ドキュメント写真を始めとした、10年前よりZINEを作り続け、Romantic Pressより「Red Square」が出版される。現在は多重露光スタイルの写真をメインとし、Clamed Respomsibilityより「Pain Of Rubia, I Am」やZINEを出版。東京、サンパウロ、LAでの展示を開催。ポートレート撮影やレコード、CDなどのジャケットアートワークも務める。

 

書籍情報

PAIN CHRISANTEMO -Optimistic 楽観的-」
1500円+税

PAIN CHRISANTEMO -Optimistic 楽観的-」 1500円+税

青山ブックセンターで行われる展示「PAIN CHRISANTEMO -Optimistic 楽観的-」の物語にて構成された吉河千尋の写真集。

勝亦かほり、宮崎季宇、C.V.、Paula Rebellatoによる本のみに描かれる挿絵や、Calra Boregasの展示のためのBGMがダウンロード可能なリンクもあり、エキシビジョンの世界をそのまま体で感じるこのできる一冊。